ブナ広場のテント泊

ブナ広場

PORTALでは
ソロキャンプを楽しむ若い方も
多くいらっしゃいます。

僕がキャンプ場を使うことが
あまり多く無いこともありますが

ソロキャンプを楽しむ方からも
山でも楽しんでみたいと
そうしたお声をいただくことが
増えてきました。

どんなきっかけであれ
山に行ってみようかなと思って下さるのは
何だか嬉しい限りでございます。

今回はいつもご愛顧いただいている
ソロキャンプを楽しみつつも
山でも楽しみたいと。
そんな方向けの内容です。

山に衣食住を担いで出かけて
寝泊りを楽しみたい。

そんな希望を持ちつつも
どこに出かけていけばいいか分からないし
不安も多い。

結構多いご相談でございまして
ひとつお勧めの場所と
気を付ける点なども含めて書いてみます。

詳しくはいつでも
店頭でご相談くださいませ。

「僕のことか?」と
思い当たる方もいると思いますが
その通りです(笑)

テント泊のみならず
山の自然を遊べるようになるのは
合う人にとっては本当に面白く
豊かなことです。

是非、一緒に楽しみましょう。


ブナ広場 (宮崎県西臼杵郡)

ブナ広場

ブナ広場

僕もよく出かける場所ですが
宮崎県高千穂町からアクセスできる
ブナ広場。

祖母傾山系の縦走(※)を楽しむ方が
道中のテント泊の場所としても
使用するスポットです。

※縦走:連なった山々を下山せずに山伝いに
歩いて楽しむHIKINGの形態のひとつ

このポイントは尾平トンネル登山口という
登山口から1時間弱でアクセスできる場所で
歩行時間を短くテン泊を楽しめる場所。

テント泊と聞くと
重い荷物を背負って長時間歩いて
しんどい思いをして。
というイメージを持つ方も多いですが
ここは小一時間で到着しますので

初めてのテント泊には
お勧めしやすい場所です。

ごく簡単にお勧めなポイントを書くと

  • 水場がある
  • 歩行時間が短い
  • 原生林の中でテント泊

などがありますが
祖母傾山系は西日本最大規模の
原生林としても知られている場所で
美しい森の中を楽しむことが出来ます。

ここでは割愛しますが
自然生態系なども非常に貴重で
襲速記要素と呼ばれる植物の宝庫としても
貴重な場所です。

テン場から、本谷山や古祖母山と
この山域の山の風景を歩いて楽しんでもヨシ。
周辺の散策にも絶景が多く
山の自然を楽しみつつテント泊も楽しめる。

そんなポイントです。

山登りを楽しむ方々が縦走やテント泊の
ポイントとして使用する箇所ですので
しっかりと山のマナーを理解し尊重して
山も一緒に是非楽しんでいただきたい場所です。

動画なども以下のリンクで載せています。


ご注意点

山の自然の中での楽しみ方は
またキャンプ場とは異なる点もあります。
山の中では山のマナーを
理解しつつ楽しみましょう。

そして何より安全管理は十分すぎるほどに
絶対に事故や危険な目に遭わないように。

Leave No Trace

Leave No Trace(痕跡を残さない)
自然の中で楽しむ際にもっとも大切なことです。
PORTALのお客様は
マナーの良い方が多いので安心ですが。

知らないことも知りながら楽しみましょう。
ゴミを捨てないなどは当然ですが
焚き火も様々な観点でから
山ではダメです(そもそも危ないので)

山の自然の中で焚き火。
なんてのは、出来ませんのでご注意を(笑)

ベテランや経験者と同行

何よりこれに限ります。
山の楽しみ方やマナーなどは
経験者と一緒に楽しんで教わってみる。

極力PORTALのサイトでも
皆さまが安全に楽しめるように心がけていますが
万が一のトラブルなどを考えても
山遊びに慣れるまでは
経験者の方に同行いただくことが安心です。

山遊びを覚えたいなという方は
お店のサークルも是非活用ください。

男性でも楽しみたいという方は
気兼ねなく相談ください。

必ず下見

ぶっつけ本番のテント泊は
慣れた方でもあまりやりません。

事前に日帰りで明るいうちに
しっかりとコースの下見をして
テントを張る場所や水場。
危険箇所のチェックなどを行います。

むしろ下見すら
妄想と共に楽しみます(笑)

縦走などの方を配慮する

縦走路に位置するテン場は
長距離の縦走を楽しむ方々が
貴重な睡眠を取るための場所として使用します。

そうした方々が寝床に困らないよう
配慮して楽しむことで
お互いが気持ち良い時間を過ごせます。

僕の場合
縦走などでの使用でない場合は
大型連休などは避けておきます。

地図やナビゲーションアプリの使用

山での事故で最も多いのは
道迷いによる遭難事故です。

地図を読めることが一番理想ですが
最近ではナビゲーションアプリなども
非常に使いやすく、ほとんどの方が使っています。
PORTALでは「YAMAP」の利用を
推奨させていただいておりますが
道迷いの事故対策は十分に。

地図も徐々に読めると面白いものです。

スマホで写真撮りすぎて
バッテリが切れてしまうことの無いよう
モバイルバッテリなどを携帯しましょう。

アプリの操作に慣れることも含めて
日常的に山遊びを楽しめると
なお面白いものです。

早めの行動

山では陽が落ちれば完全な暗闇です。
僕の場合15:00にはテン場について
準備をします。

出発も帰宅も
早め早めの行動を行いましょう。
明るいうちに到着して準備を済ます。

暗くなり始めると
気持ちの焦りも出て事故の元です。
明るい時間帯の行動を。

登山届や保険の加入

自然の中での遊びは
必ずリスクも存在します。

登山届の提出や保険の加入も
お忘れないように。
YAMAPの1day保険なども存在します。

万が一の事故が起きた際に
誰も行き先を知らないなんてことの無いように
しっかりと準備を行いましょう。

気温差に注意

ブナ広場の標高は1,200m以上の場所です。
街中との気温差もありますので
防寒対策などをお忘れなく。

寒くて寝れないなんてのは
楽しくありませんので。


言葉に起こすと難しく聞こえますが
日頃から楽しんでいれば
当たり前のことになりますのでご安心を。

良い道具を持って
毎日楽しめるようになれば
まだまだ面白い場所がたくさんです。

四季折々の変化を楽しみつつ
存分に風景と貴重な時間を
満喫しまくってください。

旅には旅の魅力がありますが
毎日楽しいことも最高の贅沢です。

ご愛顧いただいている皆さまが
最高な贅沢な日々を楽しめるよう
お手伝いしますので
いつでもご相談くださいませ。

お買い物は
是非PORTALでよろしくお願いします。

ステップアップも楽しみながら
色んな遊びを楽しめる毎日になりますように。

引き続き不定期に
色々なスポットのご紹介も出していきますので
宮崎県を楽しみまくってください。

関連記事

  1. 高千穂峰 天孫降臨コースの下見

  2. 嬉しいご来店と店休日の遊びの計画

  3. 木に吊り下げても

    SeaToSummit Ultra-Sil Outhouse

  4. クライミングを始めてみたい方へ

  5. 付属のスタッフサックに収納した状態

    SeaToSummit Pillow

  6. 「やってみる」という方の特権

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。