【Fly Fishing】TIEMCO “LDL Fluoro Tippet”

TIEMCO "LDL Fluoro Teppet"

今回はTIEMCO社の
ティペットの入荷案内です。


LDL Fluoro Tippet

TIEMCO "LDL Fluoro Teppet"

TIEMCO “LDL Fluoro Teppet”

TIEMCO
“LDL Fluoro Teppet”
¥3,000+TAX(¥3,300)

お客様のご要望もあったティペットで
紫外線劣化に強く、ノット強度に優れながらも
しなやかさや伸びを兼ね備えたティペット。

釣りを楽しまれる方は
ひとつひとつの道具に様々なこだわりや
思考を持って楽しまれる方が多いですが
色々と試しながら自分に合った組み合わせを
見つけるのもまた楽しみのひとつ。

是非、色々と試してみて
自分の釣りにあった道具や組み合わせを
見つけてみてください。

ONLINE STORE

メーカー説明文

紫外線劣化に強くノット強度に優れナチュラルドリフトできるしなやかさ、伸びを兼ね備えています。
<渋谷直人氏コメント>
「僕自身、ティペットへの悩みは尽きませんでした。ナイロンティペットの柔らかさや比重の軽さなど、ドライフライにはそれしか考えられないという先入観にとらわれていたと思います。しかし、フロロカーボンの進化はナイロンティペットに求めていた性能と同じような内容をクリアしつつ細くできるメリットや、同じ太さでもナイロンのそれに劣らないと感じるくらいの水準に達しています。
以前から感じていた、ナイロンの紫外線劣化や時間の経過によるノットの強度低下などをフロロカーボンはカバーしてくれることは知っていましたので7Xより細いサイズは前から使っていました。それより太いサイズは針金のような硬さやバネ感がドリフトの邪魔になる気がして使えなかったのですが、柔らかさと伸び感も複合しようやく満足できるモノに出会えた・・・それがこのティペットです。
多少の比重の違いは超越できるほどのメリットを感じてしまうと元に戻れないのが本気で魚に対峙している釣り人としての本音です。実際にフロロカーボンが沈み込むほどの時間を掛けてドリフトさせたフライはナイロンでもほとんどフッキングに至らなく、それは釣り人の問題でありティペットのせいではありません。それは一切の妥協を廃し、記憶に残る魚をドライフライで獲るための結論であり、フックの次に魚に繋がる第二の接点であるティペットに関しても妥協することなく大切にしたいものです。
初心者からベテランまで、あの時切れなかったら!と後悔させないようなティペットに仕上がったと思います。もちろんドリフトにも影響が無いのは実証済みです。是非実感していただき、思い出に残るような魚と出会っていただきたいと願います。」

その他

50m巻き


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Pertex Canister"

    THE NORTH FACE “Pertex Canister”

  2. NEMO “MOONLANDER TABLE”

  3. THE NORTH FACE "Front ACC Pocket"

    THE NORTH FACE “Front ACC Pocket”

  4. NEMO “Hornet Osmo 2P”

  5. PETZL Bindi

    PETZL Bindi

  6. 【GO HIKING #2】高千穂峰(高千穂河原からのコース) -霧島連山-

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。