毎年変わる自然の姿、変わらない姿

毎年のように友人と通う秘境と呼ぶ沢。

1年に数度、夜に待ち合わせをしては
夜中に笑って近況報告をし、
車で眠って朝から動く。

秘境という名前に相応しいような場所は
ここに限らず沢山ありますが、
雨の影響などで年々、訪れるのが厳しくなってしまう場所も。


思い出の場所

面白いもので、見方によってはただの綺麗な沢でも
そこを訪れる度に、色んな思い出を思い出す場所。

それは沢でなくても、自然の中で遊ぶ方であれば
皆さんがそれぞれに、色んな場所に沢山の思い出が
あるものだと思います。

初めて訪れた場所や
沢山笑った場所
怖い思いをした場所や
素晴らしい思いをした場所。

いつまでも残ってほしいものだと願いつつも
雨や災害の影響で崩れてしまうこともあります。

僕が友人と毎年訪れる場所のいくつかも
雨の影響や災害の影響で
訪れる度に崩壊箇所が増えて
危険な場所も増えてきます。

残念で寂しい思いを感じながらも
また新しい場所を探そうと
笑いながら沢を歩く。

土砂崩れだらけで緊張しながらも
また美しい風景を見たいと
緊張しながら進む。


毎年変わる風景、変わらない風景

そう思えば、毎年訪れる度に
同じ風景を楽しめる場所も。

例えば倒木1つにしても、
とても長い間に渡って
ひとつの場所に横たわって
いつもそれを目印にするような。

そんな場所も沢山あります。

変わることが悪いわけでもなく
変わらないことが良いわけでもなく
ただ楽しい場所や楽しい遊びを探す。

大切にしたいものを大切にしながら
崩れてしまったものには敬意を払い
またいつの日か訪れようと思う。

そんな特に意味もないようなことを思いながら
懐かしい沢を歩いて、
来年は新しい場所で眠ろう。

そんなことを思った沢歩きでありました。

ここまで崩れてるとは思わず
ロープを持っていなかったことだけが
後悔でございます。

やっぱり自然の中では、
装備品は大切です。

まだまだ知らない美しい場所を探して
忙しい合間でも、自然の中を歩いていたいものです。

関連記事

  1. 宮崎県での薪ストーブライフ

  2. 12月の営業日のご案内 -PORTAL-

  3. 11月収益の寄付報告とご協力のお願い

  4. 早朝の沢歩きと週末の終わり

  5. 作業道路ができ、木々は伐採されて

    森と仕事と僕の無知

  6. 雨の間のクライミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。