macpac “Fiord 28” & THERM-A-REST “Z-seat”

山で使うバックパックには、
収納性や機能性、背負い心地と
ついつい様々な機能を求めてしまうものです。

今回ご紹介するのは、
私が日帰りで使用するバックパックに
求めていた「あったらいいな」にピッタリの
macpac “Fiord 28″と休憩時のホッと一息のお供、
THERM-A-REST “Z-seat”をご紹介いたします。


macpacは今シーズンからPORTALでも
お取り扱いをさせて頂いている
ニュージーランド発のブランドです。

ニュージーランドの多彩な景観と共に、
四季それぞれの厳しい環境の中でも
耐えうるシンプルでタフなギアを地球上の
幅広いフィールドで使えるようにと磨き上げてきた
信頼のブランドでもあります。

先日はFiord 28を背に約8時間ほどの山歩き。
私が日帰りの山歩きの際にバックパックに求める
「あったらいいな」を満たしてくれたのは、こちらです。

まずは収納性、
両サイドにあるポケットは、
500mlのペットボトルサイズの水筒の他、
THERM-A-RESTのZ-Seatも余裕を持って入るサイズ。

ヒップベルトにもポケットが付いているので、
小物やドリンクを取り出すのに手の届く
ちょうど良いポケット付き。
バックパックを置くまでもない小休憩時にはとても便利です。

そして機能性、
ロールトップタイプなので、
荷物が増えてもプラス7Lの余裕もあります。
荷物が少ない際は、サイドのバンジーコードの調整で
引き締めてコンパクトにすることも出来、
ウィンドシェルなど頻繁に出し入れするウェアなどを
留めておくことが出来る、
フロントのバンジーコードも重宝します。

最後に背負い心地ですが、
通常、バックパックは自分の体型に合わせて
ショルダー・チェスト・ヒップと3ヶ所のベルトで調整しますが、
Fiord 28にはヒップベルトをさらにフィット感を高め、
荷物の重さを分散させる調節ベルトが存在します。
背面のメッシュパネルも背中の汗の煩わしさを
軽減してくれて、背負い心地も良いバックパックです。


サイドのポケットに入れていた
THERM-A-REST “Z-Seat”

こちらは、アコーディオン式に折り畳むことが出来て
断熱性に優れているので、
休憩時にお尻から冷えてしまうということがないので
これからの季節にもお勧めです。
(非常に軽いので風に飛ばされないようご用心を)

バックパックは持つ荷物の種類や量によっても
使い分けをしていますが、
自分の山歩きのスタイルに合った
お気に入りのバックパックを見つけて、
是非、いろんな山へ出かけて頂けると嬉しく思います。

関連記事

  1. KLATTERMUSEN "Falen Hoodie"

    KLATTERMUSEN “Falen Hoodie”

  2. patagonia “Men’s Capilene Cool Trail Shirt”

  3. MYSTERY RANCH "Scree32"

    MYSTERY RANCH “Scree32”

  4. 10月22日(火祝)はPORTALは店休日です

  5. MOUNTAIN EQUIPMENT "Men's Concordia Jacket"

    MOUNTAIN EQUIPMENT “Men’s Concordia Jacket”

  6. THE NORTH FACE “Apex Flex Hoodie / Crew”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。