ミヤマキリシマと笑い声と

今年は僕の周囲では、花を楽しみに出かける方が多い。

数年前では
同世代の方々と花の話をするのは
とても限られた方々とでしたが
今では同世代どころか
僕よりも若い方とも花の話をすることがあります。

これは僕が年を取ったからではなく
僕の周りの方々の遊びが多様化して
色んな遊びを楽しむ方が増えてきたのだと思います。

だから
僕は色んな方と色んな遊びに出かけたり、
色んなことを教えていただいたりと
飽きることがありません。

今の時期ではミヤマキリシマの観賞に出かける方が多いようですが、
僕が最も楽しかったと思い出に残るミヤマキリシマの観賞は今から4年ほど前。


ご年配の方々と歩いては笑って

10名ほどのご年配の方々と
ミヤマキリシマを眺めに出かけさせていただいたこと。

ご年配とは言葉ばかりで
皆さん非常に元気で、スタートから賑やかです。

僕よりも全然花に詳しく
ミヤマキリシマを観賞に出かけたのですが
そこに着くまでに
色々な山野草を教えていただきながら。

休憩をとれば飴玉をいただいたり
果物をいただいたりと
皆さんのデイパックからは驚くほど色々なものが出てきます。

僕から見れば
父親や母親のような世代の方々。

そんな方々と笑いながら自然の中を歩くのは
なんだか、元気をいただいたり
励まされたりでとても嬉しい時間です。

歩いている時間の大半は
冗談を言ったりからかわれたりと
笑って過ごすような素敵なハイキング。


ミヤマキリシマをみんなで眺めて飯食って

その日の目的はミヤマキリシマの観賞。

見頃を迎えていたミヤマキリシマを
みんなで楽しんで写真を撮って。

お世辞の上手なご年配の方々は
「あんたのお蔭やがー」
(あなたのお蔭だ)

などとゲラゲラ笑いながら
一緒に花を眺めて一緒に写真を撮って。

とにかく賑やかに過ごします。

その日の写真を眺めて思い出すのは、花の素晴らしさよりも、皆さんの笑い声

その日の写真を眺めて思い出すのは花の素晴らしさよりも、皆さんの笑い声

 


綺麗な花を楽しんだ後は、
花を眺めながら休憩ができるポイントで昼食。

石の上に座って休憩をしていた僕に
「こっちきて座らんか」と差し出していただいたマット。

娘さんからもらったという「ミッキーマウス」のシートに、僕と父親ほどの大先輩とで座っておにぎりをいただいて。

あまりに可愛くてついつい1枚

あまりに可愛くてついつい1枚

 

なんだか、ほのぼのとした空気の中

父親のいない僕は
暑さの中で温かさを感じたのでありました。


いつまでも元気で歩いて楽しんで。
そんな趣味を持っている人生の先輩方は
一緒に歩く人までも楽しませる
素敵な先輩方です。

僕がデスクワークをしていると
たまには歩きなさい。
そうして喝を入れてくださる。

本当に素敵で温かい人生の先輩方。

ミヤマキリシマを眺めると
そんな方々の笑顔が頭の奥でよみがえります。

関連記事

  1. 宮崎県の冬の訪れ

  2. OUTDOOR SEMINAR @PORTAL

  3. 行き慣れた場所でも、やっぱり落ち着くものです

    出勤前の釈迦ヶ岳HIKE

  4. BlackDiamond Alpine Start Hoody

    BlackDiamond Alpine Start Hoody

  5. Klattermusen Eldner Lumbarpack / Fimmafang3.0 Kumbapack

  6. SOTO サーモスタッククッカーコンボ

    SOTO サーモスタック/ サーモスタッククッカーコンボ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。