MYSTERY RANCH “Gravelly 18” | ちょっとしたアクティビティに最適な耐久性に優れたコンパクトなパック

MYSTERY RANCHの2024年春夏コレクションの新作”Gravelly18″
このパックはMYSTERY RANCHのハンティングカテゴリのアイテムですが、個人的にとても使いやすさを感じて、今シーズンは店頭にラインナップさせていただきました。

懇意にしてくださっている勘の良い方は気付きそうですが、個人的にはフライフィッシングのお供として愛用予定なパックのひとつです。

コンパクトで耐久性に優れたパック

元々は上の画像のように、大型パックに連結しても使えるような設計になっているパックなのですが、個人的にはコンパクトで耐久性に優れたパックとして単体使用を想定してラインナップしています。ハンティングカテゴリの製品だけあって、メインの素材に330Dの厚手のナイロンを採用しており、耐久性に優れてタフに使えるのが魅力のアイテムの特徴を紹介します。

止水ジッパー

防水仕様ではありませんが、ジッパーには止水ジッパーが採用されています。

収納スペース

収納スペースは2箇所設けられています。

上の写真はコンパクトな収納スペースで、小物などの収納に適しています。

上の写真はメインコンパートメント。シンプルな設計でハイドレーション用のポケットは内部に設けられています。

クイックアタッチゾイドバッグ

内部には別売りのクイックアタッチゾイドバッグを設置するストラップが設けられ、小物類やキー、エマージェンシーキットなど様々なものの収納に使用できます。

取り外し可能のストラップ

大型パックとの連結にも用いるコンプレッション用のストラップは取り外しが可能なので、無駄なものを外してシンプルに使おうという時にはストラップを外して使えます。

使いやすいサイズと耐久性

元々は大きなパックと連結したり、単体でも手軽に使えるよう設計されたパックなので”超快適な背負い心地”というものではありませんが、コンパクトなパックながらに最低限の快適性や耐久性を考えて設計するのはMYSTERY RANCHらしさのひとつ。

上の写真はショルダー部のハーネスですが、軽量でありつつも最小限のクッション性を持たせたパーツを採用しています。

なお大型パックとの連結時にはショルダーハーネスを使わないので、ショルダーハーネス自体も下部を外すことができる仕様になっています。

実際に単体の使用ではショルダーハーネスを外すことはありませんが、これくらいの容量と耐久性のあるパックは、手軽に渓谷での釣りを楽しむ際や、半日程度のアクティビティのお供には非常に最適で、あると非常に重宝するパック。半日程度ののんびりハイキングや自然観察、なだらかな渓谷でのマス釣りなど、手軽に自然を楽しみたい時のお供として楽しく愛用いただければ光栄です。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友達追加をして最新情報を定期的にチェックください。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Fieludens Tool Box"

    THE NORTH FACE “Fieludens Tool Box”

  2. MONTANE Minimus Jacket

    MONTANE Minimus Jacket

  3. Sea To Summit “X-BOWL”

  4. EVERNEW “Ti 300 FH Mug”

  5. EXPED “Fold Drybag”

  6. THE NORTH FACE “Tellus 35”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。