PETZL “Iko Core”

PETZL "Iko Core"

僕個人的に待望の新製品。

クライミングギアやヘッドライトにおいて
品質の高さや信用性に置いて
とても高い評価を受けているPETZL社。

PORTALでも
クライミングギア、ヘッドライトと
愛用いただいている方が多いブランドです。

新製品が出ると気になるという方も多く
ファンの多さと信用の高さを
店にいても感じるブランドですが

そんなPETZL社から待望のヘッドライト
IKOのご紹介です。


Iko Core

PETZL "Iko Core"

PETZL “Iko Core”

PETZL
“Iko Core”
¥9,800 + TAX

今回PETZL社からはIkoと
バッテリのCoreの付属した
Iko Coreが発売されていますが

PORTALで在庫しているのはIko Core。

PETZL社のHybrid Conceptの登場以来
ヘッドライト用にわざわざ電池を
買わなくなった方も多いかと思いますが
今回のIko Coreもバッテリと電池のいずれも
使用できるモデルで、一般的な使用であれば
Core(充電式バッテリ)の使用のみで十分だと思います。

何より非常に魅力的なのは
バッテリは後部に配置し
ライト部分が驚くほどに薄くなっていることで

今までのヘッドライトとは大きく重心も異なり
着用時のストレスが大幅に軽減しています。

ヘッドバンドは保水しない素材で作られ
汗や雨などの不快感も大きく軽減し
さらに79gという軽量性に優れたモデル。

登山やハイキングなどのアクティビティから
ランニングなどの振動の
より大きなアクティビティまで
非常に幅広く使えるモデルです。

PETZL社のヘルメットには装着可能なので
ヘルメットを使用したアクティビティにも
問題なく使用できます。

さらに収納袋には光を拡散させる素材を使用し
簡易的なランタンとしても使用できる
非常に気の利いたアイテム。

光を拡散する素材で作られた収納袋は内部で灯せば簡易的なランタンに

光を拡散する素材で作られた収納袋は内部で灯せば簡易的なランタンに

デザイン性も非常に優れて
ただただそそります…

赤色点灯はついていませんので
用途に合わせて、従来のアクティックコアなどと
併用するのもおすすめです。

僕もさっそくひとつ….汗

ONLINE STORE


メーカー説明文

再充電可能なヘッドランプ『IKO CORE』はマルチビームテクノロジーにより、79 g の軽さで 500 ルーメンの明るさを照射します。AIRFIT ヘッドバンドを採用しており、極薄なランプ本体と後頭部に配置したバッテリーパックにより、バランスに優れ、装着していることを忘れるほど快適です。最適に配置された複数の LED により、均一でムラのない光が照射でき、快適な視界を保ちます。ハイブリッドコンセプトにより、『IKO CORE』は付属のリチャージャブルバッテリー『コア』、別売のアルカリ電池3本の両方に対応します。汎用性が高く、首に下げて使用したり、付属のポーチとともにランタンとしても使用できます。折り畳むことでコンパクトにできるため、あらゆるアクティビティで高い実用性を発揮します。


機能・特徴

  • AIRFIT ヘッドバンド (特許取得済み) による快適で人間工学に基づくデザイン:
    • 革新的な流線型のデザイン、セミリジットヘッドバンド、極薄なランプ本体。後頭部に配置したバッテリーパックにより、重量が頭部全体で分散されるため、バランスに優れ、着けていることを忘れるほど快適です
    • 撥水性のあるヘッドバンドは汗と雨に強くできています。頭との接地面を最小限にした薄いヘッドバンドにより、動きのあるアクティビティ中も通気性が保たれます
    • 後部で素早く簡単に調節できます
  • 快適な視界:
    • 軽量かつ高い照射力: 79 g で 500 ルーメン
    • 複数の LED によりムラのない光を照射
    • 異なるユーザーのニーズに応える2つのビームパターン (ワイド、ミックス) と複数の照射レベル: 近距離、移動中、遠距離
    • 1つのボタンで素早く簡単に3つの照射レベルを選択が可能
  • 再充電可能:
    • USB ポート経由で充電可能なバッテリー『コア』
    • ハイブリッドコンセプト: 『IKO CORE』は付属のリチャージャブルバッテリー『コア』、別売の乾電池3本の両方に対応します。電源を感知することで、電源に応じて照射性能を調節することができます (リチャージャブルバッテリー『コア』で『IKO コア』を使用: 500 ルーメン、乾電池で『IKO CORE』を使用: 350 ルーメン)
  • 汎用性と使いやすさ:
    • 使用に応じて様々な方法で取り付けられます: 頭に装着、首に下げる、テーブルに置く、テントポールや木に括り付ける等
    • 付属のポーチとともにランタンとしても使用できます
    • 後部の反射材により、夜間の視認性を高めます
    • ランプを点灯または消灯する際、インジケータによりバッテリーの残量を確認できます
    • 偶発的に点灯するのを防ぐ2つのロック機能を備えています
    • 折り畳むことでコンパクトに収納できます
    • 全てのペツルヘルメットに対応します

SPEC

照射力: 500 ルーメン (ANSI-FL1 規格)
重量: 79 g
ビームパターン: ワイド、ミックス
電源: 1250 mAh リチャージャブルバッテリー『コア』 (付属)
充電時間: 3時間
対応電池: アルカリ、リチウム、ニッケル水素
耐水性能: IPX4 (全天候型)
認証: CE


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。

 

関連記事

  1. PORTALで道具を買ったけど楽しめてない人がいたら

  2. THE NORTH FACE "WP Shoulder Pouch"

    THE NORTH FACE “Water Proof Shoulder Pocket”

  3. 工場見学へ

  4. AKYRA(右) / AKASHA(左)

    LA SPORTIVA AKYRA / AKASHA -トレイルランニングシューズ-

  5. RoToTo DOUBLE FACE SOCKS

    RoToTo DOUBLE FACE SOCKS

  6. THE NORTH FACE "Loop Bouldering Chalk Bag"

    THE NORTH FACE “Loop Bouldering Chalk Bag”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。