【PICK UP】LA SPORTIVA “TX Canyon”

LA SPORTIVA "TX Canyon"

今回は店頭でも質問の多い
LA SPORTIVA社の沢靴TX Canyonを
PICK UPしてご紹介いたします。

こんな方におすすめ

・花崗岩帯での釣りを楽しむ方
・渓谷を歩いて楽しまれる方
・ラバーソールが有効なエリアでライトな沢登りを楽しまれる方


TX Canyon

LA SPORTIVA "TX Canyon"

LA SPORTIVA “TX Canyon”


LA SPORTIVA社初の
ウォーターアクティビティ向けシューズとして
非常に注目されていたTX Canyon。

渓谷でのアクティビティは
フィールドにより
フェルトソールが適しているケースと
ラバーソールが適しているケースがありますが

TC CanyonはソールにVibram社の
IDROGRIPを採用したラバーソールのシューズ。
当店では主に渓流釣りを楽しまれる方に
ご利用いただくケースが多いモデルです。

最適な使い方やフィット感などは
どうしても個人差があるため
参考程度にご覧いただければ幸いです。

広めの足幅

当店のお客様の場合、同様のモデルとして
mont-bell社のサワークライマーを
使用されている方が多いですが
サワークライマーと比較して広めの足幅です。

すでに廃盤となっていますが
FiveTen社のウォーターテニーなどと比較しても
非常に幅の広さを感じます。

足幅は広めに設計されています

足幅は広めに設計されています


そのため、足を入れた際のタイトさなどは
サワークライマーの方がタイトで勝り
登攀的要素の強い沢登りなどでは
足裏感覚や、つま先で細かいホールドを感じたりと
サワークライマーの方が使いやすいと
そう感じる方も多いかなという印象です。

反面、ゆとりのあるサイズ感なので
じっくり釣りをする場合や
足幅の広めの方には使いやすいと思います。

サワークライマーや
ウォーターテニーを愛用している方は
非常に多いかと思いますが
タイト目のサイズでの長時間遡行で
足の痛みを堪えながらというのは
TX Canyonでは比較的感じにくいです。

※とは言え、シューズ内部で
足がずれてしまうような印象はありません。
(この辺りはかなり個人差がありますが)

ソール

ソールにはVibram社の
IDROGRIPを採用しているため
花崗岩剥き出しのエリアなどでは
高いフリクションを感じながら遡行できます。

Vibram IDROGRIP

Vibram IDROGRIP


ラバーソールなので
アプローチの長い渓谷などに入る場合でも
フェルトと比較して摩耗は少ないため
長く使えるのも魅力的です。

湾曲したソール

またソールは湾曲した
独特な形状で設計されており
捉えどころのない”のぺっ”とした花崗岩などで
接地面が多くなるように作られ
時に非常に優れたフリクションを実感できます。

湾曲したソール部

湾曲したソール部


ラバーソールはどうしても
ノリが張ったような岩では
ツルリと滑ってしまうため
そうした場所や岩の上では、注意しながら歩行しましょう。

つま先保護

流石優れた登山靴を世に出すブランドだという
そんな印象のしっかりとした作りですが
つま先部の保護はラバーも厚めで
非常にしっかりした印象です。

つま先部の保護

つま先部の保護


これにより遡行時に岩でぶつけた場合や
岩の隙間に足をねじ込むような
そんなスタンス時にも
痛みを感じにくく釣りや遡行を楽しめます。

水抜けの良さ、速乾性

使用時に快適さを感じる点として
水抜けの良さは非常に実感します。

アッパーの素材に
衝撃吸収性、防水性、軽量性に優れた
ARIAPRENEを採用していることで
素材自体も水を持たずに履き心地も優れています。

水抜けの良さでは
サイドに設けられた排水用の孔や
アッパーの孔という孔から一気に水が抜けるので
シューズ内部に水が溜まるストレスも感じにくく設計されています。

サイド部の排水用の孔

サイド部の排水用の孔

アッパー部の孔

アッパー部の孔


水抜けの良さは
見た目の印象よりも遥かに優れており
非常に好印象なポイントです。

さらに速乾性にも優れており
天候の良い日であれば1日でかなり乾くため
連日の釣行などを楽しまれる際にも非常に使えます。
(とは言え、結局濡れるのですが)

乾きの遅いシューズで
数日間自宅の外に干しておく必要もないのは
個人的に嬉しいポイントです。

適度なクッション性

しっかりした作りと言えるポイントでは
MIDソールにしっかりとクッション性があり
遡行時の足の負荷も軽減できます。

MIDソール:Compression EVA

MIDソール:Compression EVA

Leg Gaiterとの相性

使用時に少し工夫したいなというポイントは
Leg Gaiterとの相性は
今ひとつという印象があります。

足首部は
Tongue-Lock™クロージャーストラップという
ストラップの締め具合でフィッティングの調整や
小石などの侵入を防ぐように設計されていますが
この幅があるが故にLegGaiterを被せにくい。

足首部

足首部


シューズの設計がゲイターを使用することを
想定していないため、止むを得ないポイントですが

むしろこうした点があるからこそ
シューズとしてのフィット感や
快適性は高くなっています。

ただし、ゲイターを被せられないことで
“石”と言えるようなサイズの小石の侵入は少ないですが
“砂”に近いような小さな岩屑は入ってきます。

被せるタイプのネオプレンソックスなどで
うまく工夫して使いたいポイントです。

デザイン性

この点においては完全に好みの問題ですが
LA SPORTIVA社らしいカラーリングで
デザイン面からも非常に好評いただいています。

Simple!

Simple!


様々なフィールドで
渓谷のアクティビティを楽しむ方は
そのエリアや気分によって
フェルトやラバーとソールを選んだり
快適性重視・登攀性重視・デザイン重視と
装備を選んで楽しまれますが

苔の少ない花崗岩帯などでは
個人的に非常に使いやすい一足です。


徐々に真夏気候になり
渓谷のアクティビティも一番楽しむ方が多い季節。
反面、山女魚釣りの期間も残すところあとわずか。

このシューズは頻度にもよりますが
僕は2シーズンは確実に使えるかなと
そんな印象です。
釣行回数が少ない方は3シーズンは確実に使えそうです。
(手入れ、保存方法にもよりますが)

是非、渓谷のアクティビティのお供として
快適な時間をお楽しみください。
道具の選定などにつきましても
気軽に店頭でご相談くださいませ。

良い魚に会えますように

良い魚に会えますように


ご覧いただいた方の
参考になりましたら幸いです。


以下からもお買い求めいただけます。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Versa Loft Half Zip"

    THE NORTH FACE “Versa Loft Half Zip”

  2. Teton Bros. “Climbing Surf Short”

  3. Bush Craft "たき火フライパン2.0 -ふた付き-"

    Bush Craft “たき火フライパン2.0 -ふた付き-“

  4. THE NORTH FACE "Bottle Pocket"

    THE NORTH FACE “Bottle Pocket”

  5. Sea To Summit “X-POTS”

  6. patagonia "Women's Capilene Air Crew"

    patagonia “Women’s Capilene Air Crew”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。