THE NORTH FACE “Expedition Dry Dot Crew” | 汗の不快感を大きく軽減するアクティビティ用のベースレイヤー

発売以降、非常に多くの方に好評いただいているTHE NORTH FACE社のベースレイヤー”Expedition Dry Dot Crew”
アクティビティを楽しむ際に、不快な要因となったり冷えの要因となる汗の問題を大きく軽減するベースレイヤーで、これからのシーズンの山の遊びに非常に重宝する1枚。

2024年の春夏コレクションの入荷とともに改めてご紹介です。

二層構造で素早く肌から汗を離す1枚

Expedition Dry Dotのシリーズは裏表に別の役割を持つ素材を合わせた二層構造で、肌面は撥水加工を施した繊維を配置し、常に乾いた状態にします。
そして表面は優れた吸汗速乾性を持つ素材を配置することで、肌面の汗をベースレイヤー上に配置されたドットから表に回し素早く乾かすように設計されています。

そのため、従来は撥水加工を施したアンダーウェアを着用して、その上にベースレイヤーを着用していた方も多いと思いますが”Expedition Dry Dot”のシリーズでは、単体の着用で快適に使用することが可能になっています。

※身長:178cm / サイズ:ゆったり着用でXL

※身長:178cm / サイズ:ゆったり着用でXL

上の写真は僕が実際に山で着用している一コマですが、夏以外のシーズンはほぼ、これかメリノウールのベースレイヤーを着用しています。
例えば、汗をかくようなアクティビティを楽しむ際は”Expedition Dry Dot”で、のんびり楽しむ時やテント泊のお供などにはメリノウールなど、用途に合わせて使い分けていますが、お客様からの評価も非常に高い1枚。

優れた動作快適性

汗に対する対策だけでなく、優れたストレッチ性に加え脇の下に裁断ポイントを無くし、様々な動作をストレスなくこなせるように設計されていますので、クライミングなどの大きなムーブを必要とするアクティビティにも使える設計。

非常に幅広い山のアクティビティを汗冷えの観点からも、動作の快適性の観点からも考えて作られたベースレイヤーです。

特徴

僕は使ったことはありませんが、胸部にポケットが配置されています。

袖部にはサムホールが設けられており、少し長めの袖丈になっています。

左腕にはSUMMIT SERIESのロゴがプリントされています。

背面は右肩部にブランドロゴのみのシンプルなデザインです。

様々な山のアクティビティを快適に楽しめるベースレイヤー。年間を通して非常に使いやすい1枚ですので、是非快適に活用ください。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友達追加をして最新情報を定期的にチェックください。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Lumbnical - S"

    THE NORTH FACE “Lumbnical – S”

  2. KLATERMUSEN "Baggi 3.0 Bag"

    KLATTERMUSEN “Baggi 3.0 Bag”

  3. THE NORTH FACE “Endurance Headband”

  4. MYSTERY RANCH “In & Out 19”

  5. いつも温かい笑顔で迎えてくださる田邉さん

    人と自然が共存する美しく温かい村「諸塚村」

  6. THE NORTH FACE "Route Rocket"

    THE NORTH FACE “Route Rocket”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。