THE NORTH FACE “Nayser Brakk Jacket” | ダイニーマを素材に採用した高強度ジャケット

個人的に待望だった2024年春夏コレクションの新商品、THE NORTH FACEの”Nayer Brakk Jacket”
素材にダイニーマを採用した高い強度を持つジャケットで、以前に同素材でEmergency Jacketというアイテムが存在していましたが、さらに使いやすくなって今シーズンに新登場の1枚。

ダイニーマを採用した軽量で高い強度を持つジャケット


“Nayser Brakk Jacket”はクライミングのスリングなどに採用される、非常に高い引き裂き強度を持つダイニーマと防水膜を張り合わせて設計された軽量なジャケット。岩場などでの擦れに対して非常に高い強度を持ち、水に対する強さも兼ね備えているため、マルチピッチクライミングや沢登りなど、テクニカルな要素の強いアクティビティを楽しむ際のお供や携帯品として非常に優れた1枚。

サイズ感

身長178cm、サイズL

身長178cm、サイズL

ダイニーマ素材にストレッチ性が無いため、サイズはリラックスフィットで設計されており、パターンを考えることでクライミングなどの大きな動作に対して支障ないような設計になっています。

また、リラックスフィットにすることで寒さを感じるシーズンなどに、薄めのダウンなどと組み合わせて防寒を行えるようなサイジング。以前に同素材を採用していたEmergency Jacketと比較すると、全体的なサイズは大きく見直して、より快適な動作を行えるような設計となっています。

ダブルジッパー仕様


またNayser Brakk Jacketではダブルジッパーが採用されており、ハーネス着用時のクライミングギアの操作などを行いやすく設計しています。


デザインはシンプルに腕部にSUMMIT SERIESのロゴがあしらわれています。

様々な用途で使える1枚


画像は以前に販売されていた同素材のEmergency Jacketですが、優れた耐久性を持った防風・簡易防水ジャケットとして使えるため、険しい山域でのガイド機会などが多い方や、アルパインクライミングを主に楽しむ方には非常にオススメできる1枚。

また水に対しての強さも兼ね備えているため、渓谷での釣りや源流釣行、沢登りのお供としての使用にも最適です。
※耐水性のある素材やシーム処理は行われていますが、完全防水という用途ではないため、縦走などにおける本格的なレインウェアとしての使用は推奨しません。

イメージとしては、険しい山域や渓谷などでの簡易的な防風・防水を持たせた高強度なジャケットという感じが、個人的な印象ですが、とにかく強い素材を用いて作られているため、擦れに対する強さなどは非常に信頼できる1枚です。

ハイキング時の防風としてももちろん使える1枚で、デザイン性を好んで愛用いただいている方もいますが、山歩きからクライミング、ガイドと幅広い方に愛用いただけて、信用性ある強度を求める方にはお試しいただきたい1枚です。

 


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友達追加をして最新情報を定期的にチェックください。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Hybrid Thermal Versa Grid Hoodie"

    THE NORTH FACE “Hybrid Thermal Versa Grid Hoodie”

  2. Klattermusen / Falen Zip

    Klattermusen / FALEN ZIP, FALEN HOODIE

  3. MYSTERY RANCH “ZOID CUBE small”

  4. EXPED "Fold-Drybag First Aid S"

    EXPED “Fold-Drybag First Aid S”

  5. ICEBREAKER "Hike+ Medium Crew"

    ICEBREAKER “Hike+ Medium Crew”

  6. THE NORTH FACE "Expedition Grid Fleece Hoodie"

    THE NORTH FACE “Expedition Grid Fleece Hoodie”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。