THE NORTH FACE “Expedition Grid Fleece Hoodie”

THE NORTH FACE "Expedition Grid Fleece Hoodie"

徐々に秋らしく
涼しい季節になったなぁなんて思いつつ
先日の定休日は高千穂町に出かけ
祖母山を歩いてきましたが

平野部と山間部の気温の違いが大きく
山はすっかり秋。

いよいよ山域によっては
行動中にミドルレイヤー(中間着)を
使用するような季節に入ってきました。

とはいえ、温暖な気候な南九州では
保温性に優れた中間着は暑くて
山の行動にはオーバースペックすぎたりするのですが
今回ご紹介のTHE NORTH FACE社のアイテムは
これからのシーズンのハイキングに
非常に重宝する1枚です。


Expedition Grid Fleece Hoodie

THE NORTH FACE "Expedition Grid Fleece Hoodie"

THE NORTH FACE “Expedition Grid Fleece Hoodie”


温暖な南九州の秋冬の行動では
適度な保温性を保ちつつ
通気性にも優れたミドルレイヤーが
とても重宝します。

暖かすぎると蒸れて汗をかき
涼しすぎると寒い。

保温と通気という相反するような目的ですが
発売以降好評の
THE NORTH FACE社の
Expedition Grid Fleece Hoodieは
8本の突起をもつ中空のポリエステル糸を採用し
軽量・適度な保温性・通気性を兼ね備えた1枚。

今シーズンは同素材を用いたアイテムに
複数の製品がラインナップされています。

まず従来から発売されており
非常に好評な
Expedition Grid Fleece Hoodie。


Expedition Grid Fleece Hoodie

Expedition Grid Fleece Hoodie

上の写真は
僕が着用している1枚ですが
2シーズン目。

腕部の刺繍ロゴは
今のモデルはプリントになっていますが
ジッパーは上部半分となっており
ジッパーを上げるとバラクラバのように使えます。

首元の保温性にも優れ
動作快適性もバッチリの1枚。


次にご要望の多かった
フルジップタイプのフーディ

Expedition Grid Fleece Full Zip Hoodie

Expedition Grid Fleece Full Zip Hoodie


脱ぎ着も用意なフルジップタイプで
ジッパーを最上部まで上げても
バラクラバタイプではなく
着脱による体温調整も容易なタイプ。


もう一つはSUMMITSERIESではありませんが
Karside Grid Hoodie。

Karside Grid Hoodie

Karside Grid Hoodie


こちらは基本的に着用したままの行動を行う
寒いシーズンの行動着として
非常に使いやすい1枚で

僕の冬の遊びのお供はこれかなと
個人的に思っている1枚です。


そろそろ山でも
10度を切ることも出てくる季節。

「さむっ」と言いながら歩くような
これからの季節に
今回ご紹介のミドルレイヤーはとても重宝します。

しっかりと空気層を作れるので
アウターに1枚羽織れば
保温性も非常に向上し
軽くて使いやすい1枚。

しかも手頃な価格でお求めやすいので
是非、これからの山歩きのお供に
チェックしてみてください。

当店のお客様でも
非常に愛用者の多いミドルレイヤーでございます。

ONLINE STORE


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. 【Fly Fishing】ベテランのフライケース -C&F DESIGN-

  2. Teton Bros. “Women’s Sky Pant”

  3. 大幡山から眺める高千穂峰と新燃岳

    【UsersReport】大幡池と大幡山

  4. SEA TO SUMMIT "X-ポット ケトル 1.3L"

    SEA TO SUMMIT “X-ポット ケトル 1.3L”

  5. ICEBREAKER "Hike+ Light Mini"

    ICEBREAKER “Hike+ Light Mini”

  6. Sea To Summit “X-SEAL & GO”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。