ALTERIA訪問記

今朝までの出張。
出張中も「忙しすぎたりしてないか」と
ご心配のお声もいただきまして
本当にありがとうございます。

本日より営業いたしておりますので
是非遊びにいらしてくださいませ。

さて、出張中は
せっかくの機会でしたので
いつも製品をご利用いただいている方にも
知っていただきたいなと
代理店やメーカーさんも訪れてまいりました。

製品のみでなく
その後ろにあるものこそ
素敵な方々が多く
そのストーリーとともに
是非素敵なアイテムを愛用いただければ
とても嬉しく思います。


ALTERIA訪問記

一番最初にお邪魔させていただいたのは
フランスのブランド「PETZL」の
日本総輸入元のアルテリアさま。

PORTALのOPEN時点から
お取引くださっている
代理店様で

お店のスタートの時点で
是非PETZLを宮崎の方に
ご提案くださいと

快くご協力くださった
代理店様のおひとつです。

PETZL(ペツル)といえば
クライミングギアやヘッドランプと
PORTALのお客様でも

クライミングを楽しむ方から
ハイキングやフィッシングを楽しむ方まで
とても幅広くご愛用いただいている
ブランドのひとつです。

そしてPETZLをご愛用いただく方は
大抵PETZLの製品に絶大な信用をよせており
買い替え時もPETZL以外に
選択肢を持っていないような
そんな方が多いのですが。

なぜPETZLは
それだけの信頼を寄せる方が多いのか。
そんな単純なことも思いながら
お邪魔させていただきました。


良し悪しを決めるのはユーザー様であって

お話を聞かせていただいたのは
いつもお世話になっている
兼原さまに、清家さま。

まず、お二人とも
「もしもPETZLに関わる仕事をしていなくとも、ユーザーの立場で見てもPETZLの製品を使うと思います」とそう語ってくださいます。

クライミング、登山や
トレイルランニングと
いずれのシーンでもきっとそうだと
語ってくださるお二方ですが

「PETZLの製品が絶対良いと言う訳ではなく、あくまで良し悪しを判断するのはユーザー様です」と教えてくださいました。

そしてPETZLの製品は
研究開発、使用における技術の習得や共有
製品のテストに至るまで
使われるユーザーの方々に寄り添って
考え抜いていますと教えてくださいます。

ヘッドランプにしても
ランプに耐久性にレンズに
細部までこだわって開発されており
1ユーザーとしても
PETZLを愛用すると思いますとのこと。

実際にアルテリアの皆様も
バッテリーの「コア」が生まれてからは
電池を常用する方は全く居なくなり
全員PETZLのユーザーでもありますとのことでした。


確かな技術、知識、テストなどによる信頼性

上の写真は実際に
アルテリアさんの施設内にある
クライミングウォールです。

この施設が
僕は特にお邪魔したかった場所でもあるのですが…

施設内では
クライミングギアから
高所作業のアイテム
レスキューワークまで
実際にテストを行ったり
座学で知識の習得を行ったりと

そうしたことが行える施設です。

施設上部

施設上部

実際にお邪魔させていただいた際も
スタッフの方が
講義を行うための講義やチェック
道具のテストなどを実施されておりました。

クライミングに高所作業
様々な遊びや仕事では
時に重大事故や命に関わる事故が
発生してしまうことがあります。

だからこそ、道具を売るだけでなく
技術や知識の継承に
製品のテストと様々な取り組みも
並行して実施される素敵な方々。

「PETZLの製品には
長く形が変わらないものが多く
それだけに完成された形状であり
開発の完成度がうかがえるのでは」と
そう語ってくださいました。


お話の中でも
PORTALの浸水の話も出つつ

宮崎県がいいお店と
素敵なユーザーの方々で
より一層面白く素敵なエリアになるといいですね。と

そう語ってくださいましたことこそ
PETZLを愛用いただいている皆様に
是非お伝えしたいなと思いつつ。

ご愛用いただいている皆様の
信頼のお声をはじめ
素敵な代理店の方々と
ユーザーであるいつも支えてくださる皆様の
いい架け橋になれるようなお店であれたらなと。

そう思うものであります。

是非、PETZL社の製品を愛用いただいている
そんな方にご覧いただければ
非常に嬉しく思います。

アルテリア社の
兼原さま、清家さま、伊佐見さま
金田さま、鈴木社長
そして他の皆様。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

また、金田さまには
その後車で送っていただいてまで…
本当にありがとうございました!


1/17のBGM

Jim Hall
“It’s Nice  To Be With You”

関連記事

  1. CASKET レッグゲーター

    CASKETのレッグゲーターの取り扱いを開始しました

  2. ピンボケ過ぎる集合写真

    宮崎県 中山間・地域政策課 / 宮崎南印刷様と打ち合わせ

  3. 間もなく出張続きも終わりお店の準備へ

  4. 工場見学へ

  5. 2018/12/15-16 諸塚村モニターイベント 詳細のお知らせ

  6. 入江万理子さんとKIRISHIMAYAMA

    入江万理子さんの絵画「KIRISHIMAYAMA」を展示させていただいております

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。