風変わりな案内人

土曜:渓谷
日曜:山
月曜:打ち合わせ
火曜:渓谷
水曜:渓谷
木曜:渓谷

1週間のうち多くの日を
山や渓谷で過ごす季節となりまして
ここから山女魚の禁漁期間に入るまでは
僕らの店では繁忙期。

クタクタに疲れて爆睡な日が多い季節で
たくさんの方と山遊びに出かけることが多い繁忙期。

お供させていただく方の多くが
僕らのことを”風変わりな案内人”的に思っていて
なんだか面白いものです…汗

そもそも今は
山や川の案内について
「ご案内します」ともあまり謳っておらず

「案内しますよ」と
お誘いすることも基本的になく
そもそも、僕らも案内人だともあまり思っておらず

多分、お客様からも「案内人」だとも
あまり思われておらず
一緒に遊びに出かけている感覚です…
(嬉しい意味で)

もちろん折角お買い求めいただいた商品を
楽しくご利用いただくために
必要なことをお伝えしたり
事故のリスクを伝えたり
店として必要なことはお伝えできるように心がけていますが

一緒に山に出かけて
綺麗な風景に出会えるのも運。
一緒に渓谷に出かけて
綺麗な魚に出会えるのも運。

「絶景見せてあげます」とも
「絶対釣らせます」とも思っておらず
良い景色に会えなくとも
良い魚に出会えなくとも
のんびり気ままに歩いて楽しんでおります。

それでも素敵な魚に出会ってしまうお客さま

それでも素敵な魚に出会ってしまうお客さま

週5日山に出かけて帰宅後
ふと、お客様と何の話をしていたかなと振り返れば

宮崎県を面白くしよう
ゴミの話
あの町にあんな情熱的な人が居る
ゴミ拾ったらゴミ減ったなぁ
今年も聞こえ出した夏鳥の話
仕事
お客様の副業
職場の人間関係
お客様の営むホルモン屋でしこたま肉食いたい
取引先の温かい人
蔭で応援してくださる方々
音楽などなど

まぁ色々な話をしています…

「あそこに投げたら魚が出る」なんて話は
あまりしておらず基本放置

釣れたらラッキー
釣れなかったらまた次回。

疲れたら帰る
疲れなければ粘る

そんなノリなのに「また行きましょう」と
誘ってくださるのは、本当にありがたいものです。

一応、僕らなりに
お客様の好みを考えて
お客様の経験を理解して
毎朝フライのストックを作って
下見には定期的に出かけてと
尋常じゃない下準備はしていまして

馴染みな方々は
それを理解して下さっているので
きっと安心してるんだろうと思いますが

僕の仕事は多分、歩く広告塔でして
一緒に出かけたお客様からは
今まで意識しなかったことが面白く感じるようになったり
今まで知らなかったモノの価値を知ったり
今まで気づいてなかった問題を知ったり
今まで繋がりのなかったベテランと繋がったり
地域の魅力を改めて考えたり
一緒に盛り上げようと楽しんだり

そんな声をいただくのが報酬です。

なので
「ちっとも儲けてないじゃんか」と
よくお客様に怒られます。

蔭で支えてくださる方々

僕らの店には
これから◯◯を始めようという方が
常々楽しみを探して出かけて
僕らは都度説明などをさせていただきますが

そんな蔭には
色々な情報をいただいたり
手伝ってくださるベテランの方々や
色々な会の方々が居てくださって

そんな方々との繋がりもまた
僕らの店らしいのかなと
最近は思うようになりました。

そんなベテランの方々は
何故か、象・熊・鶴と
愛称に動物の名が入るのが不思議ですが

そうした方々のお蔭で
たくさんの笑顔が見れるのは光栄です。

蔭で支えてくださる方のお一人

蔭で支えてくださる方のお一人

そんなベテランの方々も
一緒になってゴミ問題を考えて下さったり
「良い活動だ」と後押しして下さったり

僕らも元気づけられておりますが
兎にも角にも頻繁に山に出かける繁忙期。

肉食って、よく寝て、よく動いて
今年は怪我をしないように
気をつけなければと思う店主であります。


早くも定休日の予定が
次々と埋まるようになりましたが
山に渓谷にと
当店をご利用いただく皆様が
最高な時間を過ごせますよう願っております。

最高な時間を作りたいというご相談は
いつでも気軽に店頭で申し付けください。
(不在の時も多いので、事前にご連絡いただいても構いません)

昨シーズンより
今シーズンが皆さまにとって
良いシーズンとなりますように。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY VOL.3-大幡山・獅子戸岳(宮崎県小林市)-

  2. 嬉しいお知らせ

  3. 学生時代以来

  4. 40過ぎて滑って遊んで楽しんで

    鳥取大山へ

  5. くじゅうの霧氷

  6. 高千穂町の山にて

    テント泊

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。