【FLY FISHING】Fly Fisher Magazine -地形図の読み方-

Fly Fisher Magazine : MID SUMMER

毎号買ってますFly Fisher Magazine。
今回号は最近渓流釣りを始めた方にもおすすめな
地形図の読み方が掲載されております。

※店頭で販売していませんので
アフィリエイトリンクを貼ってます。


Fly Fisher Magazine

Fly Fisher Magazine : MID SUMMER

Fly Fisher Magazine : MID SUMMER

数少ないFly Fishingの貴重な雑誌で
美しい写真と共にフライフィッシングの
魅力が堪能できる雑誌ですが

今回は新規開拓と地形図というテーマに
まだ読図ができない方にもオススメな
地図の読み方などが紹介されています。

読図

読図

山を歩く観点での読図については
色々な雑誌で掲載されることもあり
目にしたことのある方も多いと思いますが

釣り人目線での読図というのは
決して誌面で紹介されることが多くない印象で
渓流釣りを楽しまれる方で読図ができない方は
フライ・ルアー問わず面白い内容です。


新規開拓と読図

この数年で山岳渓流の釣りを始めた方々から
「新しい谷を探しにいきたい」と
そんな要望を聞くことが増えました。

谷を自分自身で新規開拓するには
読図は欠かせないスキルで

簡単なところでは
入渓地点、脱渓地点の確認や
エスケープルートのチェックなどが行えます。

今年の源流釣行の一コマ

今年の源流釣行の一コマ


また地形図からは危険箇所の確認や
渓谷自体の険しさをチェックすることができ
自分自身の経験や技量に合った谷を選定するにも
とても大切です。

さらには植生などを見たり
地質図と照らし合わせて見ることで
渓相をイメージしたりと、妄想を膨らませるにも
とても大切なこと。

「地図が読める」というのは
安全面の管理でもとても大切ですが
何より休日の冒険を楽しむ上で
楽しみの幅がとても広がります。

山を歩くにも渓谷を遡行するにも
とても大切な読図。

今回のFly Fisherは釣り人目線での読図が掲載されていますので
是非関心のある方はチェックしてみてください。


別サイトでも紹介させていただきました。

Fly Fisher Magazineと地形図

読図を覚えて
休日の素敵な冒険を楽しみましょう。

なんて書いていますと
未開の谷へ釣りへ出かけたくなるものです…
行きましょう笑


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. 鹿納山にて

    コラム -支え合い-

  2. 下調べは大切に

    【GO HIKING】CHECK A HIKING ROUTE -下調べは大切に-

  3. 【FLY FISHING】釣りの準備

  4. THE NORTHFACE Apex Light Long Pant

  5. Black Diamond “Access Spike Traction Devices” | 冬のハイキングにチェーンスパイク

  6. THERM-A-REST "Z-Lite Sol"

    THERM-A-REST “Z-Lite Sol”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。