Go to the Mountain Streams -Fly Fishingの楽しみ方と魅力-

定期的に「山へ行こう」と題して
コンテンツを更新していますが
今回は店頭でも問い合わせの多い
Fly Fishingについて。

Fly Fishingを楽しみたいとう方の
役に立てば幸いです。

Fly Fishingとは

フライフィッシングは
毛鉤を用いて魚を釣るアクティビティで
軽い毛鉤を飛ばすために
重量のある糸(フライライン)を操作して毛鉤を飛ばし
対象となる魚を釣って楽しみます。

Fly Fishing

Fly Fishing

上の写真のように
フライラインでループ(輪)を作って糸を操作し
目的とする場所に毛鉤を落とします。

僕らの店では
山間部で山女魚などを主とした
マス釣りを楽しんでおり
一般的に山岳渓流と呼ばれる
山の中の谷に降りて楽しむことが多いのですが

フライフィッシングは
山・狭い川・広い川・湖・海など
様々なフィールドでの楽しみが存在し
対象となる魚も様々です。

経験者に教わるのが近道

フライフィッシングは
目的とする魚、楽しむフィールドなどにより
使用する糸や毛鉤の種類や
それに相性の良いロッド(釣竿)やリールと
道具の選定も大切なポイントで

キャスティング(フライラインの操作)のコツや
対象となる魚の釣り方など
個人で独学でスタートすることは少々難しく
経験者に教わるのが一番の近道です。

使用する道具などは
また改めてご紹介します。

フィールドでベテランの方と

フィールドでベテランの方と

また、山岳エリアの渓谷などで
遊びを楽しむ場合は
登山道よりも危険が多く

天候によるリスク
地形によるリスクや
万が一の事故の際の対処などを含めて
しっかりと経験者に習って楽しむのが安心です。

そして情報などを知るために
身近に馴染みの店を持っておくことも
楽しむ上では大切なポイントのひとつです。

山岳エリアでのフライフィッシングの魅力

僕らが主に楽しむフィールドは
山や山間部という山岳エリアが中心で
山岳エリアでの魅力という形になりますが

僕らの店のお客様は
ハイキングやクライミングなど
山の遊びを楽しむ方が多く
フライフィッシングは山岳エリアの遊びとして
山歩きを楽しむ方にもオススメなポイントが
たくさん存在します。

渓谷美(風景の楽しみ)

Fly Fishing

Fly Fishing

最近では女性の方で渓流釣りを楽しむ方も
非常に増えてきましたが
一番人気なポイントは
渓谷の美しさを楽しみながら
釣りという遊びを楽しむこと。

夏の暑さで山歩きを敬遠する方も
渓谷の涼しさを楽しみつつ
風景と釣りを楽しまれる方が多く

極論、暑くなればドボンと浸かって
クールダウンできるのも魅力です。

また、渓谷を好む野鳥や山野草と
渓谷ならではの動植物を楽しめることも
魅力のひとつです。

特にフライフィッシングは
虫などの観察要素が強く
自然観察という意味でも非常に面白い遊びです。

宮崎県の渓谷の美しさは
九州内でもトップクラス。
美しい清流や渓谷の風景を楽しみながら遊べるのは
非常に魅力的です。

綺麗な魚

山女魚

山女魚

宮崎県の山岳エリアで釣れる魚は
山女魚(ヤマメ)
岩魚(イワナ)
虹鱒(ニジマス)などがありますが

エリアや山域によって異なる鱒の模様や特徴は
山野草を眺めて楽しむことと
非常に似ており

地形・地質などの特徴ごとに
美しい魚を眺めて楽しむ方が多いのも
非常にわかります。

遊びの幅が広がる

渓谷にて

渓谷にて

登山道を歩いて楽しむハイキングに
渓谷で楽しむフライや渓流釣りと
渓谷での遊びを覚えると山の遊びの幅が広がります。

釣りのシーズンはどっぷり釣りという方もいれば
気が向いた時に渓谷に降りる方

釣りに没頭する方もいれば
風景や野鳥を探す方が好きな方

そして尾根の風景と谷の風景を知ったりと
渓谷での遊びを知ることは
山間部の遊びの幅が非常に広がります。
=山がもっと面白くなります。

ハイキングの名所がなくとも
美しい渓谷のある町や村も多く
山を歩くだけでは知らない土地を楽しんで
地域の方と交流できるのも大きな魅力です。

運動

Activity

Activity

釣り=ジッとしている
そんなイメージの方も多いですが
僕らの渓谷での遊びは全くジッとしていません…

渓谷を歩きながら風景を楽しみつつ
ずっと動いているので
ハイキングのように休日のリフレッシュや
運動としても最適なアクティビティです。

田舎暮らしは基本的に車移動が多いので
運動不足になりがちですが
楽しく身体を動かしてリフレッシュするのは
非常に良い趣味です。

冒険心

冒険心

冒険心

渓谷での冒険心は、時に半端ないです。

場所によっては
ズリズリと這い上がったり
ガサガサと藪漕ぎしたり
怖いと言いながらよじ登ったり

ハイキングとはまた違う冒険心が楽しめます。

後に記載しますが、リスクも非常に多いので無理や無謀な遡行は厳禁です

環境を知る

ニホンカモシカ

ニホンカモシカ

個人的には大きな魅力のひとつ。

山の上も谷も楽しんで居ますと
環境のことや昔の暮らしのことをはじめ
様々な暮らしの変化や
環境の変化を目の当たりにします。

減少する魚、保護する方々
希少な動物、植物や野鳥
災害による河川の変化

そしてそれを守っていこうとする方々の温かさ
漁協の方々と
最高な学びの場です。

お客様にも
こうした学びや感動を楽しむ方も
多くいらっしゃいます。

タイイング

ベテランのフライボックス

ベテランのフライボックス

フライ(毛鉤)を巻くことを
タイイングと言いますが
自分で毛鉤を巻くことも遊びのひとつ。

季節やフィールドにあった虫を考えて
自分で巻いた毛鉤で魚を釣るのは
特有の楽しみがあります。

タイイング自体を楽しむ方も多く
いろんなフライを知って巻いて試してみるのも
非常に面白いものです。

道具の兼用

Fly Fishing

Fly Fishing

釣りの道具は釣りの道具
山の道具は山の道具と
分かれているものも多いのですが

パックやウェアなどは
兼用で使えるものも多く存在します。

慣れればそれぞれに使いやすい道具を
結局は持ってしまうことが多いですが
ハイキングを楽しむ方は
装備品の使用機会が増えることも嬉しいポイントです。

その他にも様々な魅力がありますが
キリがないのでこの辺で…

実際の釣りまで

フライフィッシングも
ルアーフィッシングも
ハイキングや登山も

突き詰めればキリがなく
奥深い楽しみがありますが
お客様に実際に釣りを教える際は
大抵こんな流れです。

初日:公園などでキャスティング(糸の操作)の練習
2日目:広い障害物の少ない河川に出てフィールドの楽しみ方やキャスティングの実践
3-4日目:実際に魚を釣ることを目的にフィールドに出て遡行

運もありますが、大抵の場合は
上のスケジュールで綺麗な山女魚に対面します。

後は突き詰めて楽しみたい人は
もっと奥深い魅力や技術を知ったりと
徐々に沼にハマる方も笑

ですが、非常に敷居が高いと思われる方も多い
フライフィッシングもポイントさえ覚えてしまえば
しっかりと数回で魚に出会えます。

僕らの店でも
店で道具を揃えてくださった方には
色々と教えていますが
ほとんどの方が今では自分自身で釣りを楽しみに
出かけるようになっています。

リスク対策のために経験者に同行

魅力ばかりを書いた渓流釣りですが
最も大切なのは事故に遭遇しないこと。

渓谷は登山道以上に
たくさんのリスクが存在し
基本的に危険です。

海も川もですが、水の事故は
重大事故に繋がるリスクも高く
知識や経験の不足が大きな事故に
繋がることも少なくありません。

ハイキング同様、初心者だけでの釣りなどは
事故のリスクを検知出来なかったり
事故が起きた際に発見が出来なかったりしますので
必ず経験者に教わりながら安全・快適に楽しむことが大切です。

デメリット

そんな魅力たくさんの遊びですが
デメリットを挙げるとすれば

金がかかる

ということでしょうか。

安全を考慮した上での装備
釣りの道具そのもの
最近は値上がりが続くので
どんどん金がかかるように…

ベテランの方々も共通認識ですが
安全のためには一定の投資も必要で
装備や道具などに、まぁまぁのお金がかかります。

なので、頑張って働く意欲にも繋がるわけであります笑

Go to the Mountain Streams

Mountain Streams

Mountain Streams

個人的にはハイキング同様に
生涯の趣味と思って楽しんでいますが

どっぷり渓谷の魅力に浸かって
楽しんでみたいという方は
是非店頭でご相談くださいませ。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. ICEBREAKER "200 Oasis LS Crewe"

    ICEBREAKER “200 Oasis LS Crewe”

  2. THE NORTH FACE “Apex Flex Hoodie / Crew”

  3. Women's Pulse Zip

    Rab Women’s Pulse Zip

  4. THE NORTH FACE “Women’s Magma Pant”

  5. 年末年始に新しいアンダーウェアを -Merino Wool-

  6. EVERNEW "Titanium Mug / Cup"

    EVERNEW “Titanium Mug / Cup”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。