ICEBREAKER “150 SS Pocket Tee”

今回はICEBREAKER社の
150 SS Pocket TeeをPICK UPしてご紹介です。


150 SS Pocket Tee

ICEBREAKER "150 SS Pocket Tee"

ICEBREAKER “150 SS Pocket Tee”


ICEBREAKER社の
150 SS Pocket Teeは夏の使用に最適な
メリノウール100%のPocket Tee。

ハイキングなどをはじめとした
アクティビティのお供から
日常まで幅広く使いやすく設計された1枚です。

“ウール=冬の肌着”と思われている方も多いですが
ウールのウェアは厚みにより
年間を通して使える便利な天然素材です。

150g/m2の本アイテムは
夏の使用を想定して設計されており
温暖な気候の中でも快適に使用いただけます。

当店でもウール素材は
今では人気なアイテムのひとつですが
その要因としては以下のようなものが多いです。

<臭いにくい>
ウールは繊維そのものの防臭効果が高く
汗をかいて濡れる・洗うを繰り返していく中での
嫌な臭いが付着してしまうことが非常に少なく
加齢臭を含めてウェアが非常に臭いにくいのが特徴です。
そのため、結果として長く使えるという点で
費用対効果が良いのも嬉しいポイント。

<汗冷えが少ない>
化繊のTシャツと比較して汗冷えが少ないことで
ハイキングのお供としても使いやすい点

<調温調湿に優れている>
ウールは暑い場合、寒い場合のいずれも
衣服内の調温調湿に優れており
快適に過ごすことができます。

これらの素材特性に加えて
着心地がいいという点もあり
ウールを愛用し始めた方はかなりウール好きになります。

僕も仕事の際、渓流釣りやハイキングなど
アクティビティの際に
ウールの使用頻度は非常に高いです。


今回ご紹介の150 SS Pocket Teeは
アンダーウェアではなく
単体としても使いやすいように設計されており

襟ぐりはメリノウールのリブ仕様となっています。

首回り

首回り


また胸部のポケットは
グラスホルダーを配置することで
メガネやサングラスをかけておくのに
非常に使いやすい設計。

胸部ポケットのグラスホルダー

胸部ポケットのグラスホルダー


着用時の快適性は当然ながら
ウールの素材特性も魅力で
ハイキングでも日常でも使いやすいデザイン。

これまでにウールを試したことのない方にも
是非夏のお供として試していただきたい1枚です。

店頭にはその他にも
ウールのウェアが少し残っていますので
是非、夏のお供にウール素材をお試しくださいませ。

メーカー説明文

都市生活からトレッキングなどのアクティビティまで、さまざまなシーンにフィットする半袖Tシャツ。100%メリノウールを使った150g/m2という薄手のジャージー生地は、シーズンや着用シーンなどの汎用性が高い素材。暑くても寒くても衣服内の調温調湿に優れ、快適な着心地になるメリノウールの特性を備えています。
襟ぐりはメリノウールのリブ仕様という、クラシックなディテールを採用。胸ポケットにはグラスホルダーを配しています。メリノウールの優れた機能性を生かしながら、普段のコーディネートに使いやすいf雰囲気に仕上げました。
ユニセックスアイテムで、小さめのXS~S(インポートサイズのため、日本国内サイズよりも1サイズほど大きめ)は、女性におすすめです。

素材

150g/㎡ Jersey(ウール100%(メリノウール))

サイズ

XS : 前身丈66、身幅48、肩幅41、袖丈20、裾幅48
S : 前身丈69、身幅50、肩幅43、袖丈21、裾幅50
M : 前身丈71、身幅52、肩幅45、袖丈22、裾幅52
インポートサイズのため、日本国内サイズよりも1サイズほど大きめです。


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. Teton Bros. "Crag Pant"

    Teton Bros. “Crag Pant”

  2. HILLEBERG "Anaris"

    HILLEBERG “Anaris”

  3. EVERNEW "Ti U.L. Solo Set 750"

    EVERNEW “Ti U.L. Solo Set 750”

  4. MYSTERY RANCH "Tech Holster"

    MYSTERY RANCH “Tech Holster”

  5. 宮崎の冬の山の装備(大幡前山編)

  6. 再開祝いの素敵な贈り物

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。