晴天の中、貸切状態の比叡山でクライミング

毎週金曜日の宮崎県体育館。
クライミングウォールの前に集まって、ビギナーの方でも気軽に楽しめるようにと始めたクライミング。

気づけば数年間になりますが「はじめまして」と尋ねてきてくださった方と、いつしか一緒に遊びなら色んな話をさせていただくようになるのは、なんだかとても嬉しいことです。

今日はそんなメンバーと、宮崎県延岡市にある比叡山へクライミングへお邪魔させていただくことになりました。

参考記事:できなかったことができるように ※画像をクリックしてリンク先へ

参考記事:できなかったことができるように ※画像をクリックしてリンク先へ

ちょうど昨年の今頃も、同じ場所・同じルートに出かけていたのを懐かしく思いながら出かけます。


比叡山へみんなで出かけるようになったきっかけ

体育館のクライミングウォールに集まるようになったメンバーでは、元々色んな岩場へ出かけることはありました。

しかしマルチピッチのクライミングとなると僕個人で別の方にご一緒させていただくことが多かったのです。

そんなとき、あるベテランの方が遊びにいらしてくれるようになったことで、

皆さんが適度に楽しみながら色んな事にチャレンジしながら、一緒に遊びに出かける機会が増えてマルチを楽しみにでかけようと

同じメンバーで比叡山に出かけるようになったのが昨年の今頃。

今ではクライミングだけでなく、ハイキングやキャンプ・サーフィンとそれぞれがお互いの趣味を尊重しあい、僕も含めて楽しむようになっています。


そんなメンバーと早朝に集合してTAカンテというルートへ

今回は初めてトップでクライミングを楽しむという方がいらっしゃるので、昨日も夜は体育館でロープワークのおさらい。

参考記事:金曜日のクライミングの集まりと土曜日の比叡山クライミングの計画と雑談 ※画像をクリックしてリンク先へ

参考記事:金曜日のクライミングの集まりと土曜日の比叡山クライミングの計画と雑談 ※画像をクリックしてリンク先へ

昨晩はぐっすりは眠れなかったようでしたが、早朝に集合し比叡山へと向かいます。

普段遊びに出かける際は、他愛もない雑談だったりで車内は賑いますが、今日に限っては「あー、ドキドキする」などと、この後の遊びの事の話題。

僕は昨晩の体育館に集まるメンバーから、WEBの更新を楽しみにしておこうと言われていただけに「何かネタがないかなぁ」とニヤニヤしながら運転でございます。

それでも、結局の話題は「色んな人が集まるようになって、色んな遊びにチャレンジできるようになったことで40歳になっても楽しいことが出来るなぁ」などと、最近の遊びの面白さに戻ります。

国道218号線を延岡から高千穂方面に進み、鹿川渓谷沿いへ下り、渓谷沿いを走らせ比叡山についたころには気温も暖かくなり快適な気候。

目の前にそびえたつ比叡山の岩峰を眺めながら、今回初めてトップを登る方は、緊張のせいか心配性のせいか「正味10分程度の間に、トイレに3回」

荷物を降ろしては「トイレいっとこ」
ハーネスを履いては「トイレいっとこ」
出発前に「あ、トイレいっとこ」

ケラケラ笑いながら、僕の初めての時を思い出すのでありました。


1ピッチ、2ピッチ目は僕が先頭を

さて、そんなこんなでいざ目的地までのアプローチ。
適度な運動で岩場についたころには体も十分に暖まっています。

そそくさと準備を済ませ、比叡山のクライミングルートの中でもビギナー向けとして親しまれている「TAカンテ」を登らせていただきます。

1ピッチ・2ピッチと僕が先頭を行き、お互いに体を緊張から慣らしていきます。

2ピッチ目の終盤にはお互いに緊張もほぐれ、景色を楽しみながらのクライミング

2ピッチ目の終盤にはお互いに緊張もほぐれ、景色を楽しみながらのクライミング

天候も良く、気温もちょうどいいのですが
デカいスズメバチが目の前をウロウロと飛んでおり、そちらに緊張。


3ピッチ目4ピッチ目はお相手が先頭を

いよいよ、今回初めてトップを登られる方が3ピッチ目以降は先頭を。

クライミングについては、毎週金曜日に遊んでいるメンバーからもお墨付き。

案の定、緊張の「き」の字も伺えないほどにサクサクと登っていきます。

軽快にカッコよく、スムーズに登っていきます

軽快にカッコよく、スムーズに登っていきます

みんなが予想している通り、何のためらいもなく
非常にスムーズに、スピーディーに登っていきます。

高度感の楽しめる3ピッチ目、4ピッチ目と非常にスムーズに快適に、かつ何のトラブルもなく登り切ります。

仲間内の「緊張してるわりに当日はサクっとこなすんだよな」という言葉通りの、快適なクライミング。


5ピッチ目は僕が先頭、6ピッチ目は交代

5ピッチ目は交代して僕が先頭を。
5ピッチを終わったところで、もう終わったかぁと思ってたとき、まさかの前回と同じコメント。

「だいぶ終盤に差し掛かってきましたね」

「というか、もう次で終わりですよ」

「あれ、そうでしたっけ?」

そんなやり取りに、岩場のテラスでケラケラ笑いながら、またしても仲間内の期待通り「終盤に差し掛かった頃には物足りなさを感じている模様」で

日頃一緒に遊んでいる方々の予想通りな展開に面白くなるのであります。


美しい新緑が楽しめたクライミングでした

貴重な初めてトップを登るクライミングという目的も、結局は快適に最後まで楽しめ、しっかりとお互いにチェックする箇所はチェックを怠らないように無事に終了したのでありました。

ツツジなどの花はすでに散った後でしたが、新緑の美しい風景を楽しみながらのクライミングは終わってみれば非常に気持ちのいい、快適な時間。

今日は非常に新緑の美しい中のクライミング

今日は非常に新緑の美しい中のクライミング

晴天の中、貸切状態

こんな気持ちのいい気候の中、結局出発から下山まで比叡山に居たのは登山者も含めて僕らだけ。

最高にいい天気の中「もうそんな季節か」と感じさせるセミの鳴き声を聞きながら、お決まりのように山頂でランチタイムを。

最高に天気のいい中、貸切の山を楽しめた一日

最高に天気のいい中、貸切の山を楽しめた一日

こんなに素晴らしいフィールドを、非常に心地よく楽しめているのは

ルートを開拓された素晴らしい先人の方々、日頃ルート整備等に尽力いただいている素晴らしい方々

そして何よりお互いが楽しめることを第一に、いつしか集まったアウトドア遊びを楽しむ方々。

色んな方々のお蔭で、今日もまた「ここで最初にトップで登ったなぁ」と思い出すような素敵な楽しい思い出が生まれたのであります。

下山後は、山の神様に「無事に楽しませていただいたこと」「貴重な体験をさせていただいたこと」への感謝の気持ちを込めて手を合わせます。

今日一日の素晴らしい思い出のお礼を

今日一日の素晴らしい思い出のお礼を


ご一緒させていただきました方へ、今日一日本当にお疲れ様でした。

お蔭さまで、とても楽しく快適で、終始笑いに満ちた素敵な一日を過ごさせていただきました!

そろそろ梅雨入りしそうですが、またこれからも沢に山に岩にと色々と宮崎の外遊びを満喫しましょう!

ご覧いただいている方も、今回の方の初チャレンジを温かく「おめでとう」「ナイス」と思っていただけると嬉しく思います。

また同じように「初めて」のチャレンジをしたいなという方がいらっしゃいましたら、色んな形でお手伝いさせていただければ幸いです!


最後に宣伝ですが

少しばかり宣伝でございますが、こういう暑い日などになれば、汗のベタベタは気持ち悪いものです。

僕もご一緒させていただいた方も、さらには僕の知人のクライマーやハイカーの方も愛用しているアンダーウェア。

finetrackのスキンメッシュTは、元々は汗冷えの防止等に非常に定評がありますが、Tシャツが肌にベタベタとまとわりつく気持ち悪さを軽減するにもとても使えます。

今日も気づけばお互いに肌着はfinetrackを着ていたので、少しばかりご紹介を。

ビギナーの方からベテランの方まで、これはアウトドアを楽しむなら持っておくべき一枚です。


宮崎県でアウトドアを楽しみたい方は気軽に一緒に楽しみましょう

宮崎県でアウトドアを楽しみたいなと思われている方がいらっしゃいましたら、
どうぞ気軽にご連絡ください。

山登りに、沢登りに、クライミングに、釣りに、キャンプに、サーフィンに。

色んなことを楽しんでいる方々が、意外と身近に居るものです。

楽しみたいなと思ってはいるけれど、どうやって始めればいいか分からない。

そんな方がいらっしゃいましたら、いつでもお手伝いさせていただきます!

いつしか「はじめまして」と尋ねたなぁと懐かしく思い出すころには、沢山の遊びを楽しんでいるかもしれませんよ(笑)

PORTAL -FACEBOOKページ-
PORTAL -Instagram-
PORTAL -Twitterアカウントページ-

関連記事

  1. PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY 祖母山 -黒金尾根-

  2. 樋口山にて

    ミツマタの下見に樋口山へ

  3. こうも暑いと谷で遊びたくなる症候群

  4. 無人の山で大にぎわい

    天包山と西米良自然巡り

  5. 絶景の谷

    PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY -夏の谷遊び-

  6. PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY VOL.1 -高千穂峰 天孫降臨コース-

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。