【PICK UP】SEA TO SUMMIT “Dry Bag” & NOMADIX “Mini Towel”

Dry Bag & Mini Towel

今回はSEA TO SUMMIT社のドライバッグと
NOMADIX社のMini TowelをPICK UPしてご紹介です。


Dry Bag & Mini Towel

Dry Bag & Mini Towel

Dry Bag & Mini Towel

お客様からの問い合わせで
渓谷など、水に濡れることが想定される場面で
カメラをどのように持ち歩いてるかと
よく聞かれます。

今回は実際に僕が使用している道具を
写真に撮ってご紹介です。

実際に使用している道具

実際に使用している道具

ドライバッグはSeaToSummit社の
ものでなくても構いませんが
完全防水になる仕様のものを使っています。

当店では
Sea To Summit、EXPEDのドライバッグを
店頭にセレクトして置いています。

これによって、万が一水に落ちてしまっても
カメラを濡らすことがありません。
またドライバッグは一定量空気を入れて閉めておくと
浮き代わりになるので、そういう点を考えて
ドライバッグを常に使用しています。

タオルは吸水速乾性のあるタオルを使用し
適度なクッション性を持たせて
カメラを少しでも衝撃から保護するようにしています。

合わせて、手が濡れていることが多いので
撮影前に手を拭いたりするために
速乾性の高いNOMADIXのタオルを使っています。


ドライバッグは渓谷に出かける際は
カメラを入れるものや濡らしたく無いものの携帯に。

渓谷以外でも、着替えやバーナー類を収納したりと
非常に使用頻度が高いので
複数のサイズを複数枚、常に家に持っておき
必要な時に必要なサイズを使用しています。

山や山間部に出かける際に
使わないことはほぼ無いくらいの使用頻度で
劣化し始めたものはゴミを拾った際の
ゴミ袋として使って、ボロボロになるまで使っています。

NOMADIXのタオルはハイキングを楽しむ際などは
汗拭きタオルとして、渓谷では撮影時に手を拭きつつ
カメラの衝撃を緩和する目的で使用し
大型のタオルは山や渓谷後の着替えの際に使っており

こちらも常に山や渓谷に出かける際は
持参している道具のひとつです。


いずれもハイキングや渓流釣りと
様々なアクティビティのお供に
非常に使える道具ですので
是非お気に入りを見つけて、山のお供にご活用ください。

ドライバッグ一覧

NOMADIX一覧


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "L/S Thermal Versa Grid Crew"

    THE NORTH FACE “Men’s L/S Thermal Versa Grid Crew”

  2. patagonia "Stormsurge Wet/Dry Duffel -65L-"

    patagonia “Stormsurge Wet/Dry Duffel -65L-“

  3. WOLF & GRIZZLY "Fire Safe / Grill M1 Edition with fire set"

    WOLF & GRIZZLY “Fire Safe / Grill M1 Edition with fire set”

  4. NANGA “Water Proof Sleeping Bag Cover”

  5. MYSTERY RANCH “Radix 47 & 57” | MYSTERY RANCHの2024年新作パック

  6. 【アウトドア・登山初心者の道具選び】多様に使えるものを選ぶと色んな遊びで役に立つ -ヘッドライト編-

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。