沢歩きに出かけて、沢歩きのイベントを考えてみました

今年は暖かくなるのがとても早いですね。
毎年ゴールデンウィーク近くになって沢を歩きに出かけることが多いのですが、今年は沢にご一緒させていただく機会がとても多く、暖かい年だなと感じます。

そんな暖かい季節の晴天の日に、とある沢へ歩きにでかけてまいりました。


天候を見て予定を組んで

目的地に前日入りし、車の中でいつもお世話になっている方と酒を飲みながら色々と近況報告。
まったくお酒がダメな僕ですが、この方との話に盛り上がりついついと飲んでしまい、気付けば夜中の1時。
車中泊をして朝を迎えます。

本来は鬱蒼とした森の中の沢を探索する予定だったのですが、あまりの晴天に急遽予定を変更し、ひらけて気持ち良く景観を楽しめる迫力のある沢へ変更。
澄んだ水と壮大な景観のポイントへ移動します。

外で遊ぶのは、その日のコンディションや天候などによって、色々と目的地を選べるのもまた楽しいところです。


予想は的中し見事に美しい景観を楽しむ

さて、その時のコンディションと天候と言いながらも、それはすべて的中する訳ではありません…
自然相手の遊びでございますので、当然予想も外れて残念な結果に終わることもあるのですが、この日は見事に的中。

圧倒的な美しさに、僕とご一緒させていただいている方と二人でひたすらに「綺麗だねぇ」と喜んでは、誰も居ない谷の奥でケラケラと笑いながら過ごします。

驚くほど透明な水と美しい景観に癒されます

驚くほど透明な水と美しい景観に癒される

すっきり晴れた天気のお蔭で、透明な水はいつもより透き通って川の底までを眺めることができる。
長年の水の流れで削られた大きな一枚岩の間を流れる美しい水の流れ。随所で出てくる圧倒的な存在感の岩。

水の中を眺めていれば、たまに水晶を見つけることもあり、あまりに気持ちが良く進むペースも遅くなってしまいます。
のんびり慎重に楽しんで、出発地点まで戻るのが5時間。
少し短時間ではありましたが、密度の濃い充実した沢歩きでございました。


沢歩きのイベントを

さて、今回訪れた場所ですが、初めて自然の中を歩きますという方には少々険しい箇所もありますが、そのうち『一緒に沢を楽しく歩いて「ドボン」と飛び込んで笑いましょう』といった感じで、イベントのように楽しんでみようかと思います。

水量が多いと危ないので、その場合は別の場所を歩くとして、飛び込んでも寒くない季節にお誘いさせていただこうかなと思います。
夏には夏の外遊び。宮崎県にはまだまだ普通には知らない美しいポイントが沢山あります。

ぜひ、一緒にとんでもなく美しい景色を楽しみながら笑いましょう。
日頃のストレスなんて、一瞬で吹っ飛んでしまいます(笑)

関連記事

  1. 年末年始の冷え込み

  2. 双耳峰が美しい山容の傾山

    晴天の傾山

  3. Landing Net

  4. 大崩山、袖ダキ展望所にて

    自然と植物を楽しむ、宮崎市の花屋の話

  5. 明らかに似合わない行動ですが

    矢岳・竜王山とミカエリソウ

  6. もうすぐ解禁

    もうすぐ解禁

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。