THE NORTH FACE “Dolomite One Bag”

秋冬物が少しずつ入荷し始め、
ウェア以外にもこれからシュラフ(寝袋)やテントなどの
ギア関係の入荷もございます。

山中泊用ではありませんが
山歩き前の車中泊やキャンプに重宝する寝袋
THE NORTH FACE社の
“Dolomite One Bag”のご紹介です。


Dolomite One Bag

THE NORTH FACE “Dolomite One Bag”

THE NORTH FACE
“Dolomite One Bag”
¥20,000+TAX (¥22,000)

封筒型の化繊シュラフの”Dolomite One Bag”
とてもユニークな構造で
寝袋の3つのパーツを組み合わせることで
幅広い温度域にも対応することができます。

マミー型と比較すると
脚を入れた際などに足元の自由度が効くので
車中泊やキャンプの際などに
リラックスして眠ることができます。
(※マミー型=山岳用テントにみられる身体に合わせた形状をしたシュラフ。
見た目がミイラに似ているためミイラを意味する”マミー”と呼ばれています。)

THE NORTH FACE “Dolomite One Bag”


3つのパーツの組み合わせによって
10℃〜-9℃まで対応できる
温暖な九州だと平地部では年間通して使えるシュラフ。
是非、車中泊やキャンプ、ロードトリップなどで
お楽しみくださいませ。

今回ご紹介した”Dolomite One Bag”は一人用ですが
今季は2人用の””Dolomite One Double”も入荷を予定しております。

ONLINE STORE


メーカー説明文

ボトム側と取り外し可能な2つの上部の、3つのパーツを自由に組み合わせることで、幅広い温度域への対応を可能にした、3in1システムのスリーピングバッグ(寝袋)です。荷重と水濡れへの対応性が必要なボトムボックスには化繊のパッドを内蔵し、温かく水濡れに強いHEATSEEKERECOのリサイクルポリエステル化繊わたを封入。組み合わせによって10℃~-9℃までの最低対応温度域を実現。それぞれのパネルは単体で使用することもできるため、ロードトリップやキャンプなど、シーンや季節を問わず幅広い使い方が可能です。


Fabric

表 : 50Dポリエステルタフタ
中わた : Heatseeker eco(30%リサイクルポリエステル)
裏 : ポリエステル


仕様

・荷重がかかる部分に化繊パッドを内蔵
・組み合わせによって多様な温度域に対応
・頭周りにフリースライナー
・通気性を高めるボトムから開くジッパー
・胸元にアクセサリーポケット


Spec

Size : レギュラー
重量 : 平均:R/約2,262g
収納サイズ : 51×28cm
全長 : R/198cm
対応身長 : R/183cm
最低温度規格 : 10℃/-1℃/-9℃
断熱材重量 : R/1,050g


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. 3月の営業日

  2. RIVERS "Stout Air"

    RIVERS “Stout Air”

  3. 【staff recommended】AEROPRESS “AEROPRESS GO”

  4. THE NORTHFACE Alpine Light Pant

  5. 国富町の「クニトミmagazine」で国富町のアウトドア特集

  6. 登山やハイキング、アウトドアの必需品ポイズンリムーバー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。