山と渓谷

なんだか年末で不本意にバタバタしてしまい
久々に山に行けてない期間ができ
仕事の段取りの悪さに反省中の店主です…

今シーズンから店頭で
フライフィッシングのアイテムの取扱も
スタートさせていただきましたが

お客様から
これまで渓流釣りをしていた方が
「山に登ることが増えたな」と
お言葉をいただくことが増え、何だか嬉しい限りです。

その逆もまた然りで
これまで山歩きだけを楽しんでいた方が
渓流釣りにチャレンジしようというケースも
非常に増えてきました。

「山と渓谷」と言えば
登山で有名な雑誌のタイトルですが
山も渓谷も楽しめることは
個人的に非常に魅力が多いと思っておりまして

少しバタバタ仕事の合間に
僕が個人的に思う山と渓谷を楽しむ魅力について
ご紹介させていただきます。

是非お暇な際にご覧いただければ幸いです。


「山」と言えば登山を連想される方が多いのは
僕らの店で登山用品と言われる製品を
販売しているからだと思いますが

山には尾根があれば、谷もあり
尾根を歩いて歩く楽しみもあれば
渓谷を歩く楽しみも存在しています。

山を歩く方に
・花が好きな方
・絶景を探しに出かける方
・野鳥が好きな方
・仲間とワイワイ楽しむのが好きな方
・綺麗な風景をSNSに投稿するのが好きな方
・写真や動画が好きな方と
様々な楽しみを持たれる方がいるように

渓谷を歩く方にも
・釣りを楽しむ方
・野鳥が好きな方
・絶景を探しに出かける方
・仲間とワイワイ楽しむのが好きな方
・綺麗な風景をSNSに投稿するのが好きな方
・写真や動画が好きな方と
様々な楽しみを持たれる方が同じように居ます。

また、先に挙げたような
様々な楽しみを同時に味わう方も
多くいらっしゃいます。

花の撮影中

山で花の撮影中

谷で水の撮影中

谷で水の撮影中


山を歩いて
自然の作った風景に圧倒され感動する方もいれば
渓谷を歩いて
自然の作った風景に圧倒され感動する方も居て

歩く楽しみや
釣りの楽しみを持ちながら
その他色々な感動を楽しむのは
尾根を歩いて楽しむ方も
渓谷を歩いて楽しむ方も同じで

そのどちらのお客様と話していても
似たような感動を感じられていると常々感じます。

お客様と渓谷の風景を堪能中

お客様と渓谷の風景を堪能中の図


それもそのはずで
山という場所には、尾根があり谷があり
そのいずれも、美しい風景が存在し

尾根道を整備する方がいれば
渓谷の環境を整備する方もいて
様々な生態系が存在し
様々な感動を楽しむことができます。

暖かくなれば夏鳥が訪れ
寒くなれば冬鳥が訪れ
春には春の花が咲き、新緑を楽しんだり
緑の変化や紅葉を楽しんだり

標高の高い場所に咲く花を眺めたり
渓谷を好む野鳥を見つけたり

標高の高い場所で眺める風景を楽しんだり
奥深い渓谷で
圧倒されるような風景を楽しんだり

尾根道も渓谷もたくさんの魅力が存在します。

奥深い渓谷での1枚

奥深い渓谷での1枚


僕らが楽しんでいる山女魚釣りは
シーズンが限られているため

渓流釣りのオフシーズンに
体力を作るために山を歩く方も多いですが
その多くの方はいずれの自然も楽しまれています。

登山と渓流釣りとなりますと
まったく違う趣味のように感じられる方も
時折いらっしゃいますが

意外とその二つには
同じような魅力が存在して
同じような感動があります。

お客様と釣りに出かけていますと
山を歩きながら山野草を見つけることと
渓谷で綺麗な山女魚に出会うことは
どこか似ているような気がしていまして
いずれにも感動される方を見ていると
嬉しくなることがあります。

お客様が撮影されたユキノシタ

お客様が撮影されたユキノシタ

お客様が撮影された山女魚

お客様が撮影された山女魚


尾根を歩いて楽しむ山の遊びも
釣りを楽しむ渓谷の遊びも
もっと言えば波に乗る海の遊びも
釣りを楽しむ海の遊びも

そのいずれも
手軽に楽しみやすい宮崎県の環境は
本当に贅沢な環境でございまして

そうした環境下で
お客さまと笑って楽しめるのは
とても有難いことです。

そして、そうした環境下で
地域を盛り上げようと
店をご利用いただく方のお気持ちや

訪れるお客様に楽しんでいただこうと
環境整備をされる地域の方々に出会えますのは
益々光栄で、嬉しいことです。

最近、山を歩いている方が釣りを始めたり
釣りをしていた方が山を歩いたりと
そんな機会が非常に増えてきましたが

そのいずれの方々も
良かったなぁと思っていただけるよう
僕らにできるお手伝いは精一杯させていただきます。

山を歩くだけの方も
釣りだけを楽しむ方も
そのいずれも楽しむ方も
是非、益々良い景色に会えますように。

そしてこれから楽しみたいなという方も
是非気軽にご相談くださいませ。


山の店の準備をしている時は
山岳会をはじめとしたベテランの方々に
メーカーの方々が
相談に乗ってくださり

釣り用品を始める時は
フライフィッシング協会の方や
メーカーの方々が
相談に乗ってくださったり

そしてそのいずれも
支えようと店をご利用いただく方々の気持ちに

本当に改めて感謝です。

さて、もうすぐ2023年ですが
頑張って働いて
沢山出かけてまいります笑

関連記事

  1. 間もなく出張続きも終わりお店の準備へ

  2. 大淀川沿いから眺める霧島連山

    【for Beginners】霧島連山

  3. ICEBREAKER “150 ZONE SS CREWE”

  4. RoToTo "Washi Pile Socks Short"

    RoToTo “Washi Pile Socks Short”

  5. EXPED "Black Ice 30"

    EXPED “Black Ice 30”

  6. ポケットに入れたランタンをつけた状態

    BlackDiamond Distance Tent

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。