宮崎県で登山におすすめな季節とは

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。
僕の友人や知人も今日からキャンプや山と
出かけられている方も多いです。

今日は宮崎県で登山を楽しむのに良い季節はいつでしょうか。
とご質問をいただきましたが
本当にご質問いただくのは嬉しい限りでございます。

誰かの役に立つと良いなと思いながら更新させていただいているのですが、
もしもこうして更新させていただいていることが、
楽しいライフスタイルの始まりになるきっかけとなったりしたならば
それは本当に嬉しいことでございます。

分かる限りお答えしていきたいですし、
分からないことも出来るだけ調べるなり、聞いてくるなりします(笑)


宮崎県で登山やハイキングにおすすめな季節は「春夏秋冬」

すみません、こんな回答で。

今日のトップに使用した画像は、初夏の高千穂峰です。
この日は緑がとても鮮やかで、美しい光景でございました。

この日は山紫陽花も綺麗でした@天孫降臨コース

この日は山紫陽花も綺麗でした@天孫降臨コース

さて、登山やハイキングにおすすめな季節は
やっぱり四季を楽しむことだと思います。
なので「春夏秋冬」と書かせていただきました…

決して適当ではなく、本当にそう思っています。
それぞれの季節の個人的な楽しみを書かせていただきますが
楽しみ方は人それぞれ。きっと歩いているとあなたに合った楽しみ方が見つかるはずです。


春の自然の楽しみ

春には新緑や新芽、春の花が咲き、
それらを楽しみながら自然の中で遊ぶことは気持ちいいものです。
春は歩きやすい気候なので、心地よくハイキングを楽しめる季節でもあると思います。
個人的には花粉症が辛い季節なので、少々腰が重くなってしまいますが。

それでも冬に葉が落ちた木から新しい芽が出てくる。
それが新緑になり鮮やかな緑になるのを感じながら自然の中を歩くのは
なんだか清々しい気持ちになります。

春の早い時期には、まだ日照時間も短いので早めの行動を心がけると安心かもしれませんね。

高千穂峰では5月中下旬から6月上旬にかけてミヤマキリシマも楽しめます

高千穂峰では5月中下旬から6月上旬にかけてミヤマキリシマも楽しめます


梅雨の自然の楽しみ

梅雨はどうしても雨が多く、
出かけるのが億劫になってしまいますが
雨に濡れた森もとても生き生きとして美しいです。

霧がかかった森というのもとても神秘的で
目の前に広がる大絶景とは言えませんが、
独特の美しさがあります。

水気を帯びた美しい森

水気を帯びた美しい森

あまりに雨がひどい時は出かけるのを避けましょう。
またジメジメするとヤマビルが発生する山域もありますので
事前に調べるか、対策をされておくことをおすすめします。

ひどい雨の後は土砂崩れ等が怖い場所もありますので、
山でなくても、レインウェアを持って
森の散策などに出かけてもいいかもしれませんね。

5月下旬から6月頃には、宮崎県北部ではササユリの観賞もあり
6月下旬頃には鉾岳(延岡市)付近では固有種のツチビノキなども楽しめ
この時期ならではの花を探しに出かけるのもいいかもしれません。
大分のくじゅうではミヤマキリシマが有名です。


夏の自然の楽しみ

夏には新緑だった緑も、深い緑に変わり夏の美しさに変わります。
夏らしい雲が現れ、緑を見ても空を見ても楽しめる季節です。

高千穂峰山頂で眺める逆鉾と夏の雲

高千穂峰山頂で眺める逆鉾と夏の雲

日照時間も長いので、
ゆっくりとした行動計画も立てやすいですが、
暑いので水分をまめに摂りながら熱中症等には注意しましょう。

虫が増える季節でもあり、
休憩中に虫が寄ってくるのが嫌な場合は
対策をしておきましょう。

夏のハイキングは沢山汗をかきますが、
下山後の冷たいビールなんかは美味しい季節かもしれませんね。

沢で遊んだり、沢沿いを歩くハイキングコース等を探してみるのも
涼しくて気持ちが良いものです。
あまりに暑いと思い切って飛び込むことも。

急な天候の変化で土砂降りに遭遇してしまうことも多いので
天候の変化や、天気予報等もしっかりとチェックしておきましょう。

汗をいっぱいかくのは、ベタベタして嫌がる方も多いですが
その後の温泉に入ってしまえばスッキリします。

暑さや虫を避けて、宮崎市近郊よりも
標高が高めの場所に出かける方が多いです。


秋の自然の楽しみ

食べ物の美味しい秋ですが、
自然の中を歩くのも紅葉やススキと見どころが沢山になります。

夏が終わり、再び歩きやすい季節になりますので
心地良く歩いて楽しめる季節です。

高千穂峰山頂から眺めるススキで美しい色に染まった稜線

高千穂峰山頂から眺めるススキで美しい色に染まった稜線

徐々に葉が落ちていく木々に少しの寂しさを感じ、
春とは違った風情を楽しむことができます。

大分のくじゅうや湯布院、福岡の英彦山などとは異なり
一面真っ赤な紅葉というのは宮崎県では多くありませんが
非常に良い雰囲気の静けさを感じるような紅葉を楽しめます。

紅葉が始まる前には、防寒対策も装備の1つになる季節になります。
休憩中などにも寒くないように、薄手のダウンジャケット等を
準備しておくと安心かもしれません。

紅葉の落ち葉の上をハイキングするのも気持ちがいいものですよ。

涼しい季節になると星空も美しくなるので、
山の中で星空を楽しむのも非常に気持ちいいものです。


冬の自然の楽しみ

冬は雪景色。
とはいっても、宮崎県ではそんなに深い雪が積もることはありませんので
比較的手軽に、真っ白な景色を楽しむことができます。

個人的に好きな祖母傾山系の看板

個人的に好きな祖母傾山系の看板

春に新芽となった木々が、夏に深い緑に染まり
秋には赤く染まって落ち葉になる。
そんな流れを見ていると、冬の木々も美しく感じます。

葉の落ちた木々も美しい

葉の落ちた木々も美しい

雪景色でなくても、霧氷等を楽しみに行ける場所として
霧島方面などは非常に人気が高いです。

また寒いのが苦手でも、標高の低い山では雪が降らないことも多く
歩ける場所は沢山あります。

日照時間が短いので、無理な計画は避けておきましょう。
凍結の多い登山コースや、絶壁などがある箇所などは
滑ってしまう恐れがあるので、避けた方が良いと思います。
宮崎県北部の岩山などは、この時期は春を楽しみに控えておいて
春になるとワクワクするのもいいものです。

なお、宮崎県の場合は雪に慣れていないだけあって
山を歩くことよりも、
山に行くまでの運転が怖いという人の方が多いかもしれません。

冬も星空が綺麗ですね。
寒い空の下、防寒着を着て星を眺めるのも気持ちがいいものです。

そして冬が終わりに近づくと、春の空気を感じ
また春のハイキングが始まります。


四季を通して楽しめる

登山やハイキングに限らず、自然の中で遊ぶのは
四季を感じて楽しむこともできます。

お勧めの季節となると、歩きやすい春や秋かもしれませんが、
どの季節にも色んな魅力があって、きっと楽しめます。

こうして四季を通して外に出かけていると
季節の変化がとても嬉しく、春の新芽の季節にはワクワクしてきます。


色んな場所にでかけても、一つの場所に通っても楽しい

また、それぞれの季節の見どころを探して色んな場所に出かけてもいいですし、
お気に入りの場所を見つけて、いつも通っていても色んな発見があります。

ひとつの山に、春夏秋冬の表情があって
それを楽しむのも素敵なことです。

楽しみ方は自分が楽しいことが一番。
お気に入りの場所が見つかるといいですね。

いつか一緒に遊べることを楽しみにしております。
素敵なアウトドアが楽しめますように!

関連記事

  1. A&Fさんに釣られて

  2. 職人さんと

  3. クライミング中に眺める開聞岳

    鹿児島の金峰山へクライミングとハイキングに

  4. 鮎をいただいて自宅でBBQな宮崎の暮らし

  5. すっかり秋になりました

    代理店さんが一緒になって選んでくださったMountainEquipmentのフリース

  6. 元旦はテレビで大崩山を眺めて、春になったら登ってみてはいかがでしょう

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。