鹿川キャンプ場から眺める鉾岳

鉾岳(ほこだけ) 延岡市

大迫力の花崗岩の岩峰に登り
展望を楽しめるクライミングでも有名なスポット
宮崎県延岡市

宮崎県延岡市の奥地に位置する鉾岳は、宮崎県の北部に多い花崗岩で形成された巨大な岩峰の迫力に圧倒される山のひとつです。
いつも人が多い山という訳ではありませんが、奥深い山の美しさ、迫力の岩壁、美しい清流、素晴らしい展望を兼ね備え、訪れると毎回楽しませてくれる山です。


鉾岳(ほこだけ) 標高:1,277m

鉾岳は宮崎県延岡市と西臼杵郡日之影町の境を流れる綱ノ瀬川・鹿川渓谷の最上流部に位置する「鹿川キャンプ場」の場所に位置しており、非常に奥深い場所に突如現れる大迫力の岩峰を眺めるととても感動します。
鉾岳は雄鉾(おんぼこ)、雌鉾(めんぼこ)の二つの岩峰があり、雌鉾の花崗岩スラブは同じく綱ノ瀬川沿いにそびえたつ比叡山と並んで宮崎県内外のクライマーの方にも人気のポイントです。

TOPの画像は麓にある「鹿川キャンプ場」から夕暮れ時に眺めた鉾岳で、実際に訪れると誰しもその迫力に感動すること間違いなしです。


迫力の岩場を展望できる「鉾岳展望所」

鉾岳に登る途中には「鉾岳展望所」に立ち寄ることができます。展望所からは鉾岳の迫力ある岩場と宮崎県北部の奥深い山々を眺めることができますので、是非立ち寄ってほしいポイントです。

大迫力の鉾岳(雌鉾)の一枚岩

大迫力の鉾岳(雌鉾)の一枚岩

このスラブの一枚岩にもクライミングルートが無数にひかれており、タイミングが合えば岩壁を登攀しているクライマーの方々を眺めることができるかもしれません。


固有種「ツチビノキ」の鑑賞をはじめとした花の鑑賞

4月下旬からゴールデンウィークあたりにかけては「アケボノツツジ」の鑑賞を楽しめ、5月下旬から6月にかけては「ササユリ」の鑑賞、6月中旬の梅雨時期には鉾岳周辺にしか咲かない「ツチビノキ」の鑑賞を楽しむことができます。


沢の渡渉

鉾岳には数か所、登山道の途中で沢を渡渉する箇所があります。整備されていることが多いのですが、大雨などの増水時には注意が必要です。無理だと思った場合は迷わず引き返しましょう。

上部の渡渉点では美しいナメ沢を楽しめます

上部の渡渉点では美しいナメ沢を楽しめます

通常の季節は水も落ち着いており、とても澄んだ清流は汗ばんだ体を冷やすのにも最適です。


おすすめのキャンプ場「鹿川キャンプ場」

鉾岳の麓のキャンプ場「鹿川キャンプ場」では、迫力ある鉾岳を眺めながらのキャンプを楽しむことができます。
トイレも綺麗なキャンプ場で非常に使いやすく、真横には美しい「鹿川渓谷」の清流が流れています。
一日のんびりというのも良いですが、せっかく遊ぶポイントが周辺に沢山あるので、明るいうちは目一杯遊びましょう。


鉾岳谷の沢登り

鉾岳では水辺のアクティビティとして鉾岳谷の沢登を楽しまれるベテランの方々もいらっしゃいます。沢登は危険度も高く初心者だけでの遡行などはしないようにしなければなりませんが、鉾岳谷の遡行も非常に美しい景観が多く楽しめるポイントです。

鉾岳谷から見上げる雌鉾のスラブ

鉾岳谷から見上げる雌鉾のスラブ

とても澄んだ美しい沢を遡上する沢登りとなり、登攀要素の高いルートも含まれます。


冬には注意が必要です

冬の時期の鉾岳は登山ルートが冷え込みによって凍結していることなどがあります。滑ると危険という箇所も非常に多いため、初心者だけでの冬のハイキング等は控えた方が無難です。無理かもと思った時は迷わず引き返しましょう。


迫力満点のハイキングを楽しめる延岡市の鉾岳。
ハシゴなどを使って立つ雌鉾の頂上は高度感と大展望に恵まれたポイントです。
転落・滑落などに十分注意して楽しみましょう。

関連記事

  1. 市房山(いちふさやま) 西米良村

  2. 傾山(かたむきやま) 祖母傾山系

  3. 祖母山(そぼさん) 祖母傾山系

  4. 韓国岳から眺める新燃岳(手前)と高千穂峰(奥)

    高千穂峰(たかちほのみね) 霧島連山

  5. 向坂山(むこうざかやま) 白岩山(しらいわやま) 五ヶ瀬町・椎葉村

  6. 可愛岳(えのだけ) 延岡市

  7. 袖ダキ展望所より望む大崩山の岩群 撮影:PORTAL 中野祥吾

    大崩山(おおくえやま) 延岡市

  8. 釈迦ヶ岳(しゃかがだけ) 国富町

  9. 獅子戸岳(ししこだけ) 霧島山系