宮崎県のフィールドの素敵さ from A&Fの担当さん

一緒に出かけた宮崎の谷での1枚

宮崎県に限ったことではありませんが
自然が身近にある環境での暮らしは
都市部から見ると贅沢で
とても豊かなものだと思っています。

僕自身もそうした環境が好きで
たくさんの方とそんな環境で遊び
色々な思い出を共有することで
その環境を思い出とともに大切にしたいと
そんな思いからPORTALを作ったわけですが

たまに僕がそう思っていることは
果たして本当なんだろうかと
いつもメーカーさんなどとお会いした際は
聞いたりするのですが
先日遊びに来てくださったA&Fの担当さん。

宮崎で遊んで
そのあとにご丁寧にメッセージもいただきました。

一緒に出かけた宮崎の谷での1枚

一緒に出かけた宮崎の谷での1枚

写真は前回訪れてくれた際に
一緒に釣りに出かけたときの写真。
今回は僕がオススメな場所として
地図を渡して遊んだあとのメッセージでした。

きっと宮崎県で暮らす方にとっても
嬉しい内容だと思い
みなさまにもお知らせいたします。

宮崎県で遊ぶ方が
もっと宮崎県好きになれば
とても嬉しいものです。


素晴らしい宮崎県のフィールド

今回は僕が地図に記しをつけて渡して
A&Fさんだけで宮崎県の谷を
楽しんでいただいたのですが

何よりわざわざ足を運んでくださった宮崎県で
満足に楽しんでいただけたのが
宮崎県に暮らす僕としても
とても嬉しく思います。

太字箇所はいただいたコメント。

ゴミのない環境

宮崎県の谷で遊んで
まず、ごみの無い素晴らしい環境を
大変魅力に感じられたとのことです。

林道から簡単にアクセスできる谷で
ごみを全くと言っていいほど見なかったことは
初めてかもしれませんとお伺いし
普段あまり意識していませんが
それだけ綺麗な環境なんだなと思います。

人が少なく自由気ままに楽しめる

関東圏だと人が多く
なるべく人が入っていない自然を求めると
必然的に山の奥へ奥へ分け入ることになり
自由気ままに楽しめる区間も短くなるとのことで
これは、僕も常日頃思うのですが
貸切状態で楽しめることも日常的です。

フィールドまでのアクセスの良さ

街からの簡単にアクセスできる範囲に
あれだけ素晴らしい自然が残されているのは
本当に魅力的です。
谷の遊びだけで考えても宮崎はフィールドは最高
あまりに嬉しいお言葉ですが、
宮崎県は車で1-2時間も走れば十分すぎるほどの
自然の遊び場がたくさんあります。

自然環境の豊かさと、アウトドアアクティビティを楽しむ暮らし

『灯台もと暗し』なのかもしれませんが
宮崎の素敵な方々に今以上に
身近な自然環境の豊かさに気付いてもらい
アウトドアアクティビティを通じて
日常に刺激とやすらぎがもたらされることを
陰ながら応援できればと思います。

そのために僕らが何か
大それたことをできるわけではありませんが
応援は出来る限り頑張ります!

アウトドアを楽しみ
自然の中で体を動かして楽しむのは
心身ともに本当に健康的で豊かなものです。

まだまだ身近すぎて気づいていない方も
きっとたくさんいらっしゃいますが
宮崎県でできる暮らしの豊かさというのは
本当に素晴らしく素敵なことだと思います。

こうした地域だからこそできる
豊かな暮らしや遊び。
もっと皆さまと共有しながら
素敵な地域とフィールドで
楽しく豊かに過ごしていきたいと改めて思うのであります。


またお越しいただいた際には企画を

こんな嬉しい話を聞けるなら
事前に何かイベントなどを
企画してみんなと聞きたかったなと思いつつ

もしもまたお越しいただく際は
都合がつけば実際に製品のHISTORYや
アウトドアの楽しみなど
日頃ご愛顧いただいているみなさまと
一緒に楽しみたいなと思います。

実現できるかは分かりませんが
実現できたときには、
一緒に宮崎県の素敵さを改めて感じましょう。

A&Fのお二方
お忙しい中、本当にありがとうございました。
宮崎県で自己最高となる
超NICEな魚とも出会えたのが
僕も嬉しく思います。

またお越しくださる日を楽しみにしております!

関連記事

  1. THE NORTH FACE L/S Hybrid Enduro Crew

    THE NORTH FACE Long Sleeve Hybrid Enduro Crew

  2. 6th Anniversary “Cafe No Wonderland”

  3. 諸塚の秋

  4. WALLS ARE MEANT FOR CLIMBING

  5. 宮崎のアウトドアや自然が好きな方々ともっと面白い宮崎に

  6. Color : Oatmeal

    MountainEquipment Knit Fleece Sweater

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。