MOUNTAIN EQUIPMENT “Squall Hooded Jacket”

風を防ぐウィンドシェルの他に
温暖な九州の山歩きであると
重宝するのがソフトシェルジャケット。

「ソフトシェルはどういう時に使いますか?」と
よくご質問いただくことも多いですが
通気性とストレッチ性に優れ
摩耗性も高いソフトシェルは
年間通して使えるアウターなのです。

そんな活用方法と共に、
MOUNTAIN EQUIPMENT社の定番ソフトシェルジャケット
“Squall Hooded Jacket”の入荷案内です。
(Men’s / Women’s共に入荷いたしました)


Squall Hooded Jacket

MOUNTAIN EQUIPMENT “Squall Hooded Jacket”

MOUNTAIN EQUIPMENT
“Squall Hooded Jacket”
¥17,600+TAX(¥19,360)

すっきりとしたシルエットの
ソフトシェルジャケット、”Squall Hooded Jacket”

ストレッチ性のあるソフトシェルは
防風性・吸湿性・通気性・摩耗性に優れ、
完全防水ではありませんが、多少の雨は弾いてくれます。

柔らかく動きやすいソフトシェルは
春夏秋はアウター、
寒い季節はミドルレイヤーとして行動着となり
年間通して汎用性に優れたジャケットです。

ウィンドシェル < ソフトシェル < ハードシェル

このような感じで私は使い分けているのですが
ガサガサと藪を漕ぐような山歩きや
岩に擦れるようなクライミングなど
少しハードな場面で活躍いたします。

この時期は
「早朝の歩き出しでウィンドシェルだと寒そう」
「岩場が多い山で擦れて破れそう」
短時間の山歩きの防寒対策(兼、レインウェア代わりとして)
こういったシーンで私は活用しております。

首元の斜めに配置されたファスナー


ジャケットのファスナーは
中に着たジップアップウェアとの干渉を避けるため
斜めに配置されております。

ファスナーを首元まで締めても
ほどよい空間があり、
フード付きのウェアやハイネック、
ネックゲイター着用時も首回りにゆとりと
ヘルメット装着時も
上から窮屈感なく被れるフード付きです。

ソフトシェルジャケットも汎用性の高い
ウェアとしてお勧めです。

ONLINE STORE

メーカー説明文

ライトウェイトなEXOLITE 125を使用し、荒々しいドロミテアレートでの遮られることのない可動性とヨセミテの明瞭なコーナーで要求されるタフさを結びつけたジャケット。ヘルメット対応フード、オフセットフロントジッパー、フェイスパネルは冷たい突風の侵入を阻止します。

素材

ナイロン87%、ポリウレタン13%

特徴・仕様

・ EXOLITE 125 stretch double weave Soft Shell fabric
・ ヘルメット対応のマウンテンフード
・ 立体裁断によるアクティブフィット
・ オーバーロック&トップステッチ
・ 2-way YKKオフセットセンターフロントジッパー
・ ナポレオンチェストポケット+YKKジッパー
・ 袖口ベルクロフラップ
・ 裾セパレートドローコード
・ ポケットに収納可能

Size

Men’s

 着丈 身幅 裄丈 裾幅 ウエスト
S 73 50 87 48 45
M 75 54 90 52 49
L 78 58 92 56 53

Women’s

着丈 身幅 裄丈 裾幅 ウエスト
XS 69 47 80 49 43
S 70 50 82 52 46
M 71 53 85 55 49

※Men’s / Women’s共にインポートサイズのため
商品表記よりも1サイズ大きめです。(S→日本サイズM相当)


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。



WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. ROTOTO “HIKER TRASH -Hike & Run-“

  2. ORALPEACE "Clean & Moisture"

    ORALPEACE “Clean & Moisture”

  3. 仕事前に海に行ける環境

  4. PETZL "Aquila"

    PETZL “Aquila”

  5. THE NORTH FACE "Mica Warm Beret"

    THE NORTH FACE “Mica Warm Beret”

  6. 9/30(日)は台風により店休日とさせていただきます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。