SEA TO SUMMIT “eVac Dry Sack”

SEA TO SUMMIT "eVac Dry Sack"

毎シーズン人気の
防水透湿素材をボトム部に採用した
非常に使えるドライサック。

今シーズンも入荷しました。
長らく欠品しておりまして
お待たせいたしました。


eVac Dry Sack

SEA TO SUMMIT "eVac Dry Sack"

SEA TO SUMMIT “eVac Dry Sack”

SEA TO SUMMIT
“eVac Dry Sack”
8L : ¥2,200+TAX(¥2,420)
13L : ¥2,700+TAX(¥2,970)

ボトム部に防水透湿素材の
eVentを採用したドライサック。

ロールトップのトップ部を締めた後でも
空気を抜くことが出来るため
パッキングの際に非常に重宝するアイテム。

ボトム部に防水透湿素材を採用

ボトム部に防水透湿素材を採用


収納後に圧縮ができるため
ダウン、衣類などを収納した後
またはシュラフの収納後に
ギュっと圧縮ができるため

パッキングの際などには
本当に重宝するアイテムです。

純粋に防水したいだけの場合は
先に紹介したドライサックでも十分ですが
圧縮してコンパクトに収納しやすいのは
evac ドライサックでございまして
衣類やタオルなどの収納には
本当に重宝します。

純粋に防水だけが目的なら
以下のアイテムでも十分です。

何個持っていても使い道のあるドライサック。
衣類、タオル、シュラフなどの収納には
このevacドライサックはオススメです。

使用頻度の高い8L,13Lを店頭で置いてます。

ONLINE STORE

メーカー説明文

ボトムに防水透湿素材eVentファブリックを使用、コンパクトに圧縮できるドライサック。バルブやストラップ締めによる圧縮ではなく、開口部をロールすることで、ボトムから内部の空気を逃します。ボトムはオーバル型で、平らに潰れてバックパックの内部形状にフィットします。eVac ドライサックなら、荷物を濡れから守るだけでなく、省スペースにも貢献します。

機能・特徴

PUコーティングされた70Dナイロン
耐水圧10,000mm
全ての縫い目がシームテープ処理され完全防水
要所はダブルステッチで補強
ボトムに防水透湿素材eVentを使用
バルブやストラップを使わずにコンパクトに圧縮できます
フィールドで素早く交換できるフィールドリペアバックル

重量

8リットル=58g
13リットル=69g

サイズ

8リットル=(21×13)×44cm
13リットル=(23×15)×51cm


店頭または以下からも
お買い求めいただけます。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. THE NORTH FACE "Raffia Hat"

    THE NORTH FACE “Raffia Hat”

  2. Bor Bag DarkDeepSea/Raven

    Klattermusen Baggi Bag / Bor Bag

  3. BLACK DIAMOND "Torque"

    BLACK DIAMOND “Torque”

  4. THE NORTH FACE "Maxifresh PF Towel"

    THE NORTH FACE “Maxifresh PF Towel M”

  5. Merino Wool

    Merino Wool

  6. 天候が悪く遊べない日々

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。