Sea To Summit “View Dry Sack”

SeaToSummit "View Dry Sack"

雨の続く季節。
雨であろうと無かろうと
自然の中で遊ぶ際に
大切なものを濡らしたくないシーンがあります。

例えばカメラなどの精密機器
夜の着替え、シュラフなどの寝具

そうしたものを
バックパックの中で濡らしてしまうと
いざという時に使えなかったりします。

そんなシーンでドライサックは
山遊びの道具としては
必須中の必須と個人的に思っているほど
大切なアイテムです。

今回ご紹介するのは
SeaToSummitのドライサックです。


View Dry Sack

SeaToSummit "View Dry Sack"

SeaToSummit “View Dry Sack”

SeaToSummit
“View Dry Sack”
1L ¥1,300 + TAX
2L ¥1,400 + TAX
4L ¥1,600 + TAX
8L ¥1,700 + TAX
13L ¥2,000 + TAX

サイズは豊富にあるのですが
PORTALではよく使うサイズや
人気のサイズに絞って置いております。

View Dry Sackは中身が見えるので
何を入れているかすぐに分かります。

分からなくても覚えておけばいいのですが
それでもちょっとした安心感で
人気のドライサック。

渓流釣りや沢登を楽しむ方
雨の中のハイキングや
急な天候変化でも
大切な荷物を濡らしません。

バックパックの中で
ドライサックに荷物を小分けにしておけば
収納性も上がって便利です。

店頭にないサイズやカラーは
申し付けいただければ
すぐに取り寄せいたしますので
気軽に申し付けくださいませ。

外で遊ぶ際の
必須のアイテムです。

カメラの本体やカメラレンズは
衝撃緩和も兼ねてタオルなどに
グルグルに包んでドライサックに入れて
持ち運びをするのは僕の毎回の作業です。

ONLINE STORE


お問い合わせや
取り寄せのご依頼は
LINEからでも承ります。

友だち追加

関連記事

  1. OPINEL "Stainless Steel Knife"

    OPINEL “Stainless Steel Knife”

  2. たくさんのプレゼント

  3. 児玉アナウンサーと

  4. 結局今日はのんびり歩いて運動を

    朝の山での運動

  5. GIFT

  6. 【アウトドア・登山初心者の道具選び】-バーナー編-

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。