山や自然の中を歩くことの敷居

「山でも歩きに行くんですか?」

「いえいえ、山なんて」

よくあるお店での会話です。
「登山」という言葉に
「きつい」「しんどい」
そんなイメージを持たれている方が
とても多く、
少し寂しい気持ちになる瞬間です。


ハイキングを楽しむこと

そんな「きつい」「しんどい」という
イメージが僕は寂しくなるので
PORTALでは「ハイキング」という言葉を使っています。

もっと自然の中に出かけることが身近になると嬉しくて

もっと自然の中に出かけることが身近になると嬉しくて

自然の中で遊ぶことは
少なからずリスクは存在します。

それは海でサーフィンをするにも
山の中を歩くことも同じ。

危険がないといえば嘘になりますが
リスクはしっかりと対策をして
無茶をしなければ
自然の中で遊ぶことはとても手軽で
楽しいこと。

宮崎県はよくも悪くも
豪雪地帯ではなく、温暖な気候なので
四季を通して自然がとても安全で
楽しく快適に楽しめます。


慣れるまで「きつさ」を感じても

長時間歩くのは
日頃歩いてない方にとっては
少しきついものです。

けれど、自然の中を歩いて
息が上がったり、きつくなれば
それは「運動不足だな」と
気づかせてくれることでもあります。

よく歩く人。
それはとても元気で
いつも笑顔でなんだかたくましい。

弱音を吐かずに
いつも前向きで人生を楽しんでいる人。
そんな方が日頃歩いている方には
不思議と多いのです。

歩いてみなければ見えない景色。
それは仕事でも人生でも
きっと同じことです。

宮崎県は日頃の生活の中に
そんな習慣を手軽に取り入れることができます。
海に出かけたり
山に出かけたり。


身体と心

不思議と身体を動かしていると
精神的に参ることもなくなります。

歩いて楽しんだり
海に入って遊んだり

身体を動かしてすっきりすると
気持ちもすっきりと晴れて
さて頑張ろうと
そんな気持ちにさせてくれます。

これは車で小一時間の距離に
たくさんのスポットがある宮崎県では
なににも代え難い素敵な環境。

自然の中を歩くことは
しんどい「登山」をすることではなく
気持ちいい「散歩」を楽しむハイキング。

身体も気持ちもリフレッシュする
大切な時間です。

決して宮崎県で自然の中を歩いて楽しむことは
敷居の高いことではありません。
良ければ「登山なんて」と思っている方も
一緒に自然の中を散歩してみませんか。

そんな入り口になれたらいいなと
そういう思いを込めてつけたのが
PORTALという名前です。


10/29のBGM

Ellis & Branford Marsalis
“Loved Ones”

僕の大好きなSAXプレイヤーのBranford Marsalisが、ピアニストである父親のEllis Marsalisとデュオで収録した1996年リリースの作品。
全編を通してリラックスした美しい演奏が楽しめる温かい作品です。

関連記事

  1. 登山やアウトドアでリスクに遭遇すると怖いので、リスクに遭遇した本を読んで知っておくことのすすめ

  2. ミツバツツジを朝日が照らす

    ツツジを楽しむ、宮崎県の春の登山やハイキングの魅力

  3. 職人さんと工場に

  4. アウトドアを通して宮崎県好きになった方々と

  5. アクティブスキン+メリノスピンサーモ

    アンダーウェアで異なる快適性

  6. 手軽に展望を楽しめる、西米良村側5合目から登る市房山

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。