山遊びとアクティビティ

夏ですね。
梅雨が明けた途端に
半端ない暑さ。

宮崎県だなぁと
実感する天気でございます。

ご来店いただいたお客様に
「山とか行かれるのか」と質問したときに
「いや、山なんてキツイだけなんで行かないです」
と言われると凹む店主です。

ページ最後にアクティビティを楽しみたい方への
おすすめな情報も掲載してますので
是非ご覧ください。


山遊びの楽しみ

若干の冗談でもありますが
「山登りなんてキツイだけ」
「山歩くだけで何が楽しいの」

なんてことを聞くと
凹む反面、勿体ないとも感じます。

歩く、走るをはじめとした
運動については
楽しく健康を維持することでも
どんどん見直されていますし
それが遊びとイコールな環境なんて
見る人が見れば、羨ましい環境です。

例えばジョギングやウォーキングを
3時間となると苦痛に感じますが
山遊びでは5-8時間歩くことは
ざらにあります。

しかも楽しみながら。

視界の広がる場所で一息

視界の広がる場所で一息

自然の中で体を動かして楽しむ
アウトドアの遊びは
実際にやっている人であれば
どれだけ心身に良いかも
実感できると思います。

さらに、宮崎県に暮らして
宮崎県の自然の中で
たくさんの遊びを楽しんで
いつしかそれが素敵な思い出になって。

子供の世代が
僕らと一緒にあそこを歩いたなと
振り返ることができるなんて
本当に素晴らしいことです。

とは言えども
「山登り=キツイ」
そんなイメージを持つ方は
とても多いものです。


たくさんの種類の山遊び

山登りだけが山遊びではなく
色んなアクティビティが楽しめます。

PORTALがお手伝いできることでも
山登りにクライミングに
沢登りに渓流釣りに

山を歩くひとつ取っても
ただ山頂に行くだけでなく
意外と知れば知るほど
面白い魅力がたくさんあるものです。

凄まじく綺麗な宮崎の谷

凄まじく綺麗な宮崎の谷

色々と揃えるものは必要になりますが
その道具すら面白い。

自然の中でのアクティビティは
これからもっと
健康の観点からも
とても大事になってくると思いますが

そんな環境がごく普通に存在する
宮崎県で楽しい暮らしを楽しむことは
本当に見る人が見れば羨ましいものです。

ただ、水辺の遊びは
事故のリスクも高く
事故に遭遇した際に重大な事故に
繋がる可能性も高いです。

沢や谷間での遊びは
しっかりとガイドをつけるなど
ベテランの方に同行いただいて楽しみましょう。


三波商店さんのガイドで楽しむ延岡の自然

さて、そんな宮崎県の環境で
ガイドをつけなければ楽しめない
夏のアクティビティもあります。

PORTALでもよくお世話になっています
延岡でガイド業をされている
三波商店」さん

県外から来られて
宮崎県の自然の面白さや
自然の美しさに感動して
ガイド業を営む素敵な方ですが

キャニオニング、カヌーと
夏の遊びに最適なアクティビティの
ガイドをされています。

三波商店さんのWEBサイトからお借りしたお写真

三波商店さんのWEBサイトからお借りしたお写真

安全面も含めて
ガイドがいることは絶対に大切ですが
何よりガイドが居てこそ楽しめる
そんなアクティビティが体験できます。

場所は僕も大好きな場所で
「宮崎県にこんな綺麗な場所があったんだ」と
大抵感動するような場所。

そんな場所で
自分たちだけでは楽しめない遊びが
満喫できるのは本当に贅沢なことです。

これから先
人気が上がっていくこと間違いなしですが
県外の人で賑わう前に
宮崎の方にこそ楽しんでほしいなと
僕も三波商店さんも願っております。

是非、この夏のアクティビティに
非日常な遊びを楽しんで
日頃のストレスを吹っ飛ばしてはいかがでしょう。

三波商店

ちなみにPORTALの女性向けの
アウトドアサークルに入られている方は
今後、色々と体験できるように
これからお話もしてまいります。

宮崎県に住んでいて
まだまだ知らない宮崎県の姿は
僕もたくさんあります。

一緒に感動して楽しんで
笑って過ごしましょう(笑)

サークルに入りたい方も
随時お待ちしております。

関連記事

  1. プレヒート不要の優れもの

    SOTO MUKAストーブ

  2. ピーマン

  3. ご自宅で商品を選定いただくために

  4. Teton Bros. "Climbing Surf Short"

    TetonBros. “Climbing Surf Short”

  5. 打ち合わせも、疲れたときのリフレッシュも自然の中

  6. THE NORTH FACE "S/S Road Trippin Tee"

    THE NORTH FACE “S/S Road Trippin Tee”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。