薪活

休日。
近所の方より伐採した樹木が出たのでいただけるとのお知らせをいただいていたので
久々に時間が出来て薪活に出かけてまいりました。

前回チェンソーで玉切りにしておいた木を
今回はひたすらに薪割り斧に割って
車に積み込んで持ち帰らせていただきました。


いただきもので冬の暖を取ること

今年の頭から林業の方、建築の方、公園の方と
色んな方より薪に使える樹木をいただいておりますが
いただいた物で冬の暖をとることが非常に嬉しく
暖を取りながらも嬉しい気持ちになります。

自宅でもキャンプでも、
いただいた物で暖を取って楽しめる。
人の温もりも火の温もりも感じさせていただけます。


長い時間軸を感じる

本日割った薪は、来年2019年の冬以降に使用するまでは
しっかりと乾燥させますが今の段階で約2年先の暖を取るために
準備をするという時間軸の長さ。

毎日毎日をせかせかと過ごしている中で
ふと、そうしたゆっくりとした時間の流れと言いますか
気の長い作業をすること。

言葉では言い表しにくいですが、
そうした時間を感じながら生活するのも
今の時代だからこそ、少し大切な時間かなと感じるものです。

思えば山で花を楽しむことにも
「今年は見れなかったが来年は」などと気長に待つことも多く
仕事ではすぐに結果を出さなければと毎日せかせかとしている方も多いと思いますが
たまには、のんびりとした時間の中に身を置いて楽しむのもいいことではないでしょうか。

といいながらも汗をかきながら薪を割るのも疲れる作業ではございますが…

また次回はチェンソーを持って玉切り作業。
友人と出かけて自然の中で薪を作ってまいります。

関連記事

  1. 諸塚村モニターイベントの情報追加をお知らせします

  2. HOKEDAKE WoodLand -ご参加いただきます方へのご案内-

  3. 先日OPENしたHANNAHさん

    えびの市訪問記

  4. 森ゆにさんLIVE 「私たちは、そこにいた」 2018/10/21(Sun) @Salle Mandjar

  5. 写真右側:代表/山下様 左側:副代表/藤井様

    PORTALは「いのちのはうす保護家」様に利益の一部を寄付させていただきます

  6. OUTDOOR SEMINAR @PORTAL

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。