ミツマタの下見に樋口山へ

樋口山にて

そろそろ花の季節。

今年はどこでお客様と
花見を楽しもうかと
下見の場所を検討しておりましたら

いつもお世話になっている
山岳会の方に先日
“樋口山に出かけてきた”と
写真などを見せていただいたのを思い出し

10年以上ぶりに樋口山へと
出かけてまいりました。

樋口山にて

樋口山にて

樋口山と言えば
宮崎県の中でミツマタの群生が
楽しめる場所として知られ

春には黄色い花を咲かせるミツマタが
楽しめます。

西都から西米良方面に車を走らせ
銀鏡方面を進んで登山口へ。

ミツマタの群生(蕾)

ミツマタの群生(蕾)

ミツマタ

ミツマタ

樋口山の登山道は
不鮮明な場所も多く
道迷いをしてしまわないよう
初心者だけでの入山は
控えた方が無難ですが

ミツマタの群生は登山口周辺にあるので
狭い道の運転が平気な方は
花を楽しみに、3月中旬の開花を待って
花見だけを楽しむにも良い場所です。


さて、樋口山ですが
山岳会の方に、アセビで登山道が塞がれ
結構大変だったと聞きつつ

せっかくだから山頂までと
出かけてまいりました。

急登にはじまり
気持ちいい稜線を歩いて
急登を登って山頂と
そんなコースでございますが

稜線には美しい原生林も残され
ブナの木も多く
快適なひとときを楽しめます。

稜線にて

稜線にて

稜線から上
山頂までの登りは
山岳会の方に聞いてましたが

アセビが多い茂って
“藪漕ぎ”ならず
“アセビ漕ぎ”状態。

しまいにはアセビに埋れてましたが

しまいにはアセビに埋れてましたが…

ミツマタとアセビが咲いてる頃に来れば
まぁ”アセビ漕ぎ”もまた
お客さまと笑いながら楽しめるかなと

そんな妄想もしつつ
ガサガサと歩いてまいりました。

ちなみにこうしたガサガサが多い山では
耐久性のあるウェアが活躍します。

遊びや山域によってウェアを選べるようになれば、また楽しいものです

遊びや山域によってウェアを選べるようになれば、また楽しいものです

昨日は野鳥もついでにと思い
望遠レンズつけた
カメラを持って歩きましたが
余計に疲れました…

上の写真で履いているのは
THE NORTH FACE社の
Salathe Pant。

ガサガサでも岩場でも
マルチピッチクライミングなどでも
非常に活躍する一本です。

休憩は先日再入荷した
SOTO社のWInd Masterで
カップ麺を。

SOTO "Windmaster" & MSR Pika 1L TeaPot

SOTO “Windmaster” & MSR Pika 1L TeaPot

少々宣伝も交えさせていただきつつ
そろそろ花の季節。

店にも山に出かけようとする方が
これから増えてくる季節です。

早速WindMasterをお買い求めいただいた方も
是非、自然の中で存分に楽しんでくださいませ。

店が主催させていただいている
アウトドアのコミュニティでも
そろそろ花探しに出かける季節。

山遊びを楽しんでみたいなという方は
是非ご覧になってみてください。
一緒に自然を楽しみに出かけていきましょう。

最後にいつも情報をくださる
山岳会の方や、ベテランの方々
本当にありがとうございます。

他のオススメも数カ所いただいているので
タイミングを見て下見に出かけてまいります。

引き続きベテランの方々の楽しみや
経験なども
これから始める方々と一緒に楽しませていただき
みんなが嬉しくお楽しみいただけますよう
お店ができることを精一杯努めてまいります。

春の陽気を徐々に感じる季節になりました。
すっきり楽しみに出かけていきましょう。


店が主催するアウトドアの
コミュニティについては以下リンクを
ご参照ください。

山の自然を楽しんでみたいという方は是非。

PORTAL Women’s Outdoor Community


ONLINE STOREは
以下リンクからご覧ください。

ONLINE STORE


Spotifyのアカウントは
こちらからご覧ください。

Spotify


PORTALのLINEのアカウントは
こちらから
定期的にWEBサイトの更新情報などを
お届けしております。

友だち追加

 

関連記事

  1. 登山やアウトドアで道迷いを防ぐためにも、山の中や自然の中を歩くときは一緒の方とはぐれないこと

  2. 宮崎の秋の登山やハイキングのウェア選び

  3. PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY VOL.6 -三尖・黒岳・親父山・障子岳-

  4. 水が作った自然の造形美を楽しみに山の奥へ出かけて感動を一緒に味わうこと

  5. 子供を連れて登れる宮崎県の山で、子供と楽しみたい

  6. 登山やアウトドアでリスクに遭遇すると怖いので、リスクに遭遇した本を読んで知っておくことのすすめ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。