patagonia “Men’s R1 Pullover”

ウェア選びで、
フルジップタイプが良いか、
ハーフジップのプルオーバータイプが良いか
ご相談に乗ることがあります。

今回はプルオーバータイプの
メリットや特長と併せて、
patagonia社の”R1 Pullover”の
ご紹介をさせていただきます。

楽しまれているアクティビティや
季節に合わせた快適なウェア選びの
ご参考になれば幸いです。


Men’s R1 Pullover

patagonia "Men's R1 Pullover"

patagonia “Men’s R1 Pullover”

patagonia
“Men’s R1 Pullover”
¥16,000 + TAX

patagonia社のR1シリーズには
・Pullover
・Pullover Hoody
・Full-Zip Hoody があり、
Pulloverは頭から被って着るタイプとなります。

R1 Pulloverは、
フロント部分のハーフジップにより
クライミング等のハーネス装着時や、
バックパックのウエストベルトを締めた際に
ファスナーが干渉しないという点や、

行動中に暑さを感じることがあれば
ジップを開けて通気性を高め、
寒い季節にはベースレイヤーとして
活用できるという、
行動着としても保温着としても重宝します。

肩の縫い目の位置も
バックパックのストラップの下で
干渉しないよう、ずらしてあるなど
細部まで拘ったレギュレーターフリースです。

ONLINE STORE


メーカー説明文

R1は寒冷な状況で動いたり止まったりを繰り返すアクティビティのための中間着として最適な、多用途型のテクニカル・フリース。リサイクル・ポリエステルを93%含む素材は定番のグリッド・パターンを備え、保温性と吸湿発散性を提供。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用


Fabric

6.9オンス・ポーラテック・パワー・グリッド・リサイクル・ポリエステル93%/ポリウレタン7%。ハイキュ・フレッシュ耐久性抗菌防臭加工済み。ブルーサインの認証済み。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用


Size

XS S M L XL
身幅 47 50 53 58 62
着丈 66 69 71 74 76
裄丈 81 84 86 89 91

店頭または以下からも
お買い求めいただけます。


関連記事

  1. 9月の収益の一部を「いのちのはうす保護家」様に寄付させていただきました

  2. THE NORTH FACE "Sweep"

    THE NORTH FACE “Sweep”

  3. MONTANE "Men's Alpine Edge Jacket"

    MONTANE “Men’s Alpine Edge Jacket”

  4. Teton Bros. “Wind River Hoody”

  5. 再入荷のお知らせ 9/17

  6. NANGA "Aurora Light 600DX"

    NANGA “Aurora Light 600DX”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。