【HIKING REPORT】行縢山 -宮崎県延岡市-

行縢山 -宮崎県延岡市-

先日の定休日は
初心者向けの山の紹介素材集めに
延岡市に位置する行縢山へと出かけてまいりました。

行縢山 -宮崎県延岡市-

行縢山 -宮崎県延岡市-


これからコツコツ
行縢山の紹介動画も作りますが

コースによって
初心者にも山に慣れた方にも
とても楽しめる行縢山。

一般的に登られる方の多いのは
雄岳というピークで
雄岳・雌岳を周回して少し長めに歩けるコースもあり
今回は双方の紹介ができるように
グルリと周回して歩いてきました。

行縢山は標高830mと低い山ですが
宮崎県北部らしい花崗岩を歩いて楽しめ
可愛岳・行縢山・比叡山・矢筈岳・丹助岳と
連なる花崗岩帯の一部。

地層の話をすると脇道に逸れすぎるので
ここでは説明は省いておきます…

また、鉾岳・大崩山など名峰として知られる
花崗岩の山と同様の雰囲気を手軽に楽しめるので
宮崎県北部の山を楽しむなら
登って楽しんでおきたい山のひとつです。

慣れると分かる"県北らしさ"

慣れると分かる”県北らしさ”


この花崗岩で形成された
“県北らしさ”というのは
この山域の成り立ちと密接に関係しますが

それを知って見るスケールのデカさは
本当に宮崎県北部の山の魅力です。

そして、意外と把握しやすい成り立ちなので
地形の成り立ちとハイキングを楽しむには
県北の自然は霧島の活火山とはまた違う魅力があります。

行縢の滝と岩壁

行縢の滝と岩壁


そして行縢山の雄岳・雌岳を
ぐるりと歩いて楽しむ場合は

行縢川の源流域を歩くので
美しい源流域の風景を眺めて歩くにも
超オススメ。

行縢川の源流域

行縢川の源流域


さらには麓の森では四季を通して
野鳥も多いのでバードウォッチングにも最適。
そして山野草にも恵まれて
アケボノツツジやらササユリやら
ファンの多い花も楽しめる山。

1000m以下の標高で
これだけ密に魅力が凝縮されているのは
本当に素晴らしい山でありまして

遠足で登られる子供から
しっかり歩いて楽しまれる方まで
幅広い方が楽しめる山です。

なお、行縢山は
祖母傾大崩ユネスコエコパークの
緩衝地域にポツンとなっています。

祖母傾大崩ユネスコエコパーク:ゾーニング図(祖母傾大崩ユネスコエコパークサイトより引用)

祖母傾大崩ユネスコエコパーク:ゾーニング図(祖母傾大崩ユネスコエコパークサイトより引用)

その要因も長くなるので割愛しますが
関心ある方は
店で気軽に聞いてください。

これから頑張って
魅力が伝わるように動画も作りますが
改めてその魅力を満喫してきたのでありました。

行縢山、良い山です。


温暖なシーズンには
ヤマビルが生息しており
年々数が増してきている印象があり

「まだ居るだろうなぁ」と思って行きましたが
バッチリ居ました笑

ヤマビル

ヤマビル


苦手だから避けたいという方は
あと少しの辛抱です笑

そろそろ居なくなる頃だと思いますので。

そして足元はLA SPORTIVA社の
アプローチシューズ。
花崗岩帯の山には本当にオススメです。

LA SPORTIVA "Boulder X"

LA SPORTIVA “Boulder X”


動画も頑張って作りますが
山の相談や目的地の選定など
いつでも店頭でご相談くださいませ。

是非動画もお楽しみに。


WEBサイトの更新情報や
商品の入荷情報はLINEからも
お届けしております。

友だち追加

関連記事

  1. 大幡山から眺める高千穂峰と新燃岳

    【UsersReport】大幡池と大幡山

  2. ミツマタ

    花の季節 -3月の花編-

  3. WALLS ARE MEANT FOR CLIMBING -GLOBAL CLIMBING DAY-

  4. PORTAL WOMEN’S OUTDOOR COMMUNITY -夏の霧島山系を堪能しに大幡前山・大幡山へ(宮崎県小林市)-

  5. Observing Nature -自然観察の楽しみ-

  6. 宮崎県で初心者の方が登山やハイキングを楽しむのに必要なもの

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。