宮崎県に移住し登山やサーフィン等、様々なアウトドアを楽しむ方のお話

先日、九州でも屈指の縦走路「祖母傾縦走」を楽しまれた東さんという方の話を聞きました。

参考:祖母傾縦走を楽しまれた方のお話 ※画像をクリックしてリンク先へ

参考:祖母傾縦走を楽しまれた方のお話 ※画像をクリックしてリンク先へ

 

アウトドアは、人によって色々な楽しみ方があり、自分にあった楽しみ方を探し
自分の好きなように楽しむことができます。

PORTALでは、色んな方の楽しみ方をお伝えしながら
ご覧いただいている皆さまが、少しでも参考になる楽しみ方が発見できるといいなと思っています。

今回は、関東から移住し宮崎県のアウトドアライフを楽しまれているヒロヤさんに、宮崎県の楽しいことなどを聞かせていただきました。


宮崎県で様々なアウトドアを楽しまれているヒロヤさん

今回話を聞かせていただいたのはヒロヤさん。

奥様と二人で転勤を機に宮崎に移住され、
サーフィン、釣り、登山・ハイキング、クライミングと、様々なアウトドアを楽しまれています。

クールでナイスガイなお兄さんですが
とてもフレンドリーで、宮崎のアウトドアを楽しまれている方々からも人気者です。

自身がアウトドアを楽しみながらも、PORTALにとてもご協力いただきます温かい方。

言っていいか分かりませんが、転勤の話を蹴ってでも宮崎に居たいと思ってくださる宮崎県ファンのひとりです。

今回はそんなヒロヤさんに、宮崎のアウトドアについて色々と聞いてきました。


宮崎県で楽しまれているアウトドア

PORTAL:中野
宮崎に来て、何年でしょうか。

ヒロヤさん
転勤で宮崎を訪れて4年だね。

PORTAL:中野
もっと長くお付き合いしているようなイメージがあります(笑)
ヒロヤさんは宮崎でどんなアウトドアを楽しまれていますか?

ヒロヤさん
僕も長く感じます(笑)
アウトドアは関東に居るころからサーフィンと海釣りが好きで、時々キャンプや登山を楽しんでます。

宮崎県に来てからは、これまで楽しんでいたサーフィンや登山に加えて、
渓流釣りやバードウォッチング、クライミングやカヤックフィッシングをするときも。
今年は沢登りにもトライしてみる予定です。


宮崎県のアウトドアの魅力

PORTAL:中野
本当に色々楽しんでますよね。
ちなみに、そんなアウトドアを楽しむヒロヤさんから見た宮崎県のアウトドアの魅力を教えていただいいてもいいですか?

ヒロヤさん
元々は海が好きだったので、宮崎県への転勤の辞令が出たときは喜んで宮崎へ。
実際に宮崎県を訪れて思うのは、宮崎県は海だけでなく山というフィールドもとても美しい。
そして何より、それらを教えてくださる友人に恵まれたことですね。


釣りの楽しみや魅力

PORTAL:中野
ヒロヤさんは、波がない時や時間のある時に海で釣りを楽しんでいると思いますが、
そんなヒロヤさんから見て、釣りの楽しみや魅力ってどんなものですか?

ヒロヤさん
そんなこと聞くと、長くなるよ。

PORTAL:中野
もちろんOKです(笑)

ヒロヤさん
(笑)
その時々によっても違いますが、釣りの楽しみは魚との騙しあいというか、魚との勝負的な感覚が楽しいものです。
大きな魚になるとパワフルで重たいし。
また、海の魚は食べても美味しい。必要無い量が釣れた時はリリースして逃がしますが、釣った後の調理も楽しみのひとつです。

釣りの魅力となると、時期や潮、風向きやベイト(魚が何を狙っているか)など、様々な条件を考えて道具を選んで狙うという奥深さも魅力のひとつです。

河口・サーフなどと、釣りをする場所によっても異なるし、魚の種類が多いのも楽しみのひとつ。

例えば、オオニベ、スズキ、ヒラスズキ、ヒラメ、マゴチ、チヌ、カサゴ、ハゼ、キス、舌平目と上げればキリがないかも。

いつも釣りをしていて思うのは、釣れても釣れなくても「いつ釣れるか分からないドキドキ感」や「何が釣れるだろうかというワクワク」も魅力の一つ。

釣ったヒラメのお写真も見せていただきました

釣ったヒラメのお写真も見せていただきました

 


動物好きで、その理由や魅力

PORTAL:中野
本当に釣りが好きですね。
ちなみに、ヒロヤさんと言えば動物好きで仲間内でも知られていますが、その理由や魅力も聞かせてもらっていいですか?

ヒロヤさん
実家に図鑑が沢山あったこと。
子供のころから動物が好きで、両親によく水族館や動物園に連れて行ってもらっていたので、そんなことも影響してると思います。

幼少時に、毎年恒例の行事として千葉県の鴨川に1ヶ月ほど滞在していました。
その経験から海洋生物に興味を持ち、磯遊びや釣りで知らない生き物に会うたびに図鑑で調べたり。

その癖は今でも根付いていて、宮崎県でも釣った魚や、見つけた野鳥は図鑑で調べて付箋を貼って記録しています。

関東と宮崎県では、野鳥も海の生き物も違いがあり、釣れる魚も異なります。
そうしたことが、その土地や自然の魅力だなと感じます。

今では野鳥散策をして珍しい野鳥を探しに出かけたりしていますし、先日キャンプをした時には絶滅危惧種の蛾を発見して、ひとりでテンションが上がっていました。

双眼鏡を持って一緒にバードウォッチングに行くことも

双眼鏡を持って一緒にバードウォッチングに行くことも

 


これからチャレンジしてみたい遊び

PORTAL:中野
とても沢山の遊びをされてますが、まだチャレンジしてみたい遊びなんかはありますか?

ヒロヤさん
沢登りや源流域での釣り、サクラマスの釣りもチャレンジしてみたいです。
また登山では、みんなが「良い山」という大崩山にも行ってみたいな。

波が大きい時のリーフポイントでのサーフィンもトライしてみたいですし、
クライミングはまだまだスキルが追い付きませんが、いつか外の岩場にもチャレンジしたいですね。
チャレンジしたいことは山ほどあります。

PORTAL:中野
お金もかかりそうですね(笑)

そんなことを聞いていると、僕も遊びに出かけたくなります。


宮崎県で実践できるライフスタイルの良さ

PORTAL:中野
今回は最後になりますが、色んな遊びを精力的に楽しまれているヒロヤさんですが、
宮崎県で生活してみて感じるライフスタイルの良さって感じることがありますか?

ヒロヤさん
東京にいたころは恥ずかしい話だけど、色々と着飾ってみたり、見栄を張ることばかりだったように感じます。
東京は新宿、渋谷、池袋などと、最先端のものが集まっていて、カッコつけることには何一つ不自由がなく(笑)

ただ実際に遊びにでかけるとなると、海からはとても離れていて
サーフィンや釣りに出かけようにも、アクアラインを通って数時間…

せっかくお金と時間をかけてでかけても、自然相手の遊びだけにコンディションが良いとも限らない。
無理して海に入って板を折ったり、怪我をしたり。

結局、服や旅行、バイクや車ばかりにお金をかけて。

宮崎県に来てからは、海まで近いのは当然のことながら
山も渓流も近いので、その時々によって遊びを分けて楽しむことができます。
天気予報などを見ながら「明日の遊びは」と考える時間すら楽しいですね。

また、何より新しいフィールドを教えてくれる友人らに恵まれたことで
遊びの幅が大きく広がりました。

さらに食べ物も美味くて安い。焼酎が美味い。
魅力たっぷりですね。

PORTAL:中野
ありがとうございます!
これからも、まだまだ新しい遊びやチャレンジが盛りだくさんですね。

どのに居ても「住めば都」と言いますが、宮崎県は本当に良い場所だと僕も思います。
また楽しい遊びを発見して出かけましょう。


今回は関東から移住して宮崎のアウトドアライフを満喫されているヒロヤさんに話を伺いました。

なかなか自分からは語らないけれど、鳥に魚にと色んな動物に詳しく、子供の様に図鑑を眺めている姿が微笑ましいヒロヤさん。

これからも色んな遊び場にでかけながら、また色々と聞いていきたいと思います。

ちなみにPORTALのWEBサイトでは、ちょくちょく写真でも登場していただいているのであります。

釣った魚、今度はご馳走してください…


そろそろ女性の方にも話を聞きたいなと書くと、周りの人に逃げられそうですが、
アウトドアを楽しむ方のお話、また書かせていただきます。

こちらもご覧ください。
祖母傾縦走を楽しまれた東さんのお話

宮崎県で登山やハイキング、アウトドアを楽しみたいなと思っている方がいらっしゃいましたら、
是非気軽にご連絡ください。

一緒に宮崎県の自然を楽しみましょう。

関連記事

  1. 日々-yoriさんの「こんなテーブルあったらいいな展」

  2. 宮崎県外からのアウトドア好きなお客様

  3. 本社受付で1枚撮らせていただきました

    YAMAPさんにお邪魔させていただいてまいりました

  4. Campfire Tales

  5. SOTO ウインドマスター

  6. つづくさんと山と膝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。