袖ダキ展望所より望む大崩山の岩群 撮影:PORTAL 中野祥吾

大崩山(おおくえやま) 延岡市

九州最後の秘境とも呼ばれる
迫力の岩峰を楽しむ大人気な宮崎県の名峰
宮崎県延岡市

宮崎県内と言わず九州に住んでいて、登山やハイキングを楽しまれる方に「一番好きな山はどこですか?」と尋ねると、とても多くの方が「大崩山(おおくえやま)」の名前を出す。それほどまでに魅力的で圧倒的な存在感を誇る大崩山は、宮崎県延岡市に位置する山であり、この山があるだけで「宮崎県って素晴らしい」と誇れる場所ではないでしょうか。
大崩山は花崗岩が風化し表面がボロボロともろく、崩(くえ)ることからその名がつけられています。

多くの登山者やハイカー、アウトドアを楽しむ方に好まれて憧れられる山のひとつです。
ここでは最も多く歩かれる「ワク塚尾根~坊主尾根」の周回コースの魅力を掲載いたします。


大崩山(おおくえやま) 標高:1,643m

標高1,643mの大崩山は宮崎県北部の祖母山や傾山とともに祖母傾国定公園に指定されています。花崗岩質の凄まじく迫力のある岩峰が圧倒的な存在感をもち、その場所に訪れた方全てを感動させるような山です。
花崗岩質で大きく切り立って風化した山容がまるで崩れたように見えることがその名の由来とされています。

複数の登山ルートを持つ山のひとつであり、いずれも素晴らしい景観を楽しむことができますが、危険個所が多く道迷いも発生しやすい場所のため、初心者だけでのハイキング等は避ける方が無難です。
必ず最初はベテランの方などに同行いただき、安心して景観を楽しまれることをおすすめします。


麓からも圧倒的な存在感を示す素晴らしい岩峰

大崩山へ向かうと、麓を流れる祝子川(ほうりがわ)からも圧倒的な存在感をもつ岩峰を眺めることができます。

祝子川から眺める大崩山の岩群ン

祝子川から眺める大崩山の岩群

沢山の見所がある大崩山でも、最も多く歩かれるコースとしてはワク塚~坊主尾根の周回コースが挙げられます。
このコースでは、袖ダキ展望所、下ワク塚、中ワク塚、上ワク塚をはじめ、リンドウの丘、小積ダキ、坊主尾根と大崩山の魅力が凝縮されたような展望を楽しみながらハイキングを楽しめます。

袖ダキ展望所より望む大崩山の岩群 撮影:PORTAL 中野祥吾

袖ダキ展望所より望む大崩山の岩群

ただし、歩行時間も一般的には8~10時間と長く険しい箇所を多く歩くため体力を要します。
まるで一日中アスレチックで遊んでいるような感覚の山歩きを楽しむことができます。


危険個所の多い山

大崩山は歩行の多くを険しい岩の上を歩くことになります。そのため転倒することが滑落や転落など命取りに繋がる事故につながりかねません。ルートも不鮮明なことがあるので、初心者の方は必ずベテランの方に同行いただきましょう。

難所のひとつとして知られる像岩のトラバース

難所のひとつとして知られる像岩のトラバース

登山ルートも、ハシゴやロープの連続で緊張感を持ち続けて歩くことになります。
それが故に憧れているのだが、まだまだ早いかな。などと、この山を歩くことを「いつか果したい楽しみのひとつ」としてとらえている方もとても多い山であります。
だからこそ、この山に最初に登ったときの感動は、いつまでもハッキリと覚えている方もきっと多いと思います。
険しい反面、そうしたたくさんの方の思い出もこもった山です。


祖母・傾・大崩ユネスコエコパークに認定

近年では、この大崩山を含む祖母・傾・大崩山系がユネスコエコパークに認定されました。
九州最後の秘境」とも呼ばれる大崩山ですが、この辺りの美しい自然はここでは書ききれず、知れば知るほどにその魅力が楽しくなります。

誰でも気軽に行けるような場所ではありませんが、機会があれば絶対に見て欲しい風景の一つです。

祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク


大崩山に関連する参考記事

夏の大崩山は日照時間は長いけれど、天候の変化や雨の増水に注意が必要(2018/06/17)

関連記事

  1. 大幡山(おおはたやま) 霧島連山

  2. 甑岳(こしきだけ) 霧島連山

  3. 釈迦ヶ岳(しゃかがだけ) 国富町

  4. 比叡山(ひえいざん) 延岡市

  5. 双石山(ぼろいしやま) 宮崎市

  6. 石堂山(いしどうやま) 西米良村

  7. 鹿川キャンプ場から眺める鉾岳

    鉾岳(ほこだけ) 延岡市

  8. 韓国岳(からくにだけ) 霧島連山

  9. 韓国岳から眺める新燃岳(手前)と高千穂峰(奥)

    高千穂峰(たかちほのみね) 霧島連山