PETZL “Quark”

PETZL "Quark"

温暖な南九州だけでなく
九州全域で、冬のアクティビティは
楽しめる季節がごく僅かと限られます。

そんな中でも氷や雪を楽しめる
限られたエリアに出かけて楽しむ方や
遠出をして冬のアクティビティを楽しまれる方も
多くいらっしゃいます。

今回はそんな方に信用されている
PETZL社のアイスアックスのご紹介です。


Quark

PETZL "Quark"

PETZL “Quark”

PETZL
“Quark”
ハンマー(画像左) ¥28,000 + TAX
アッズ(画像右) ¥28,000 + TAX

PETZL社のアイスアックスと言えば
アイスクライミングに特化したノミックも
愛用される方も多く人気のアックスですが

なかなか九州に居ると使用機会が…
というお声も多いものです。

クォークは比較的低難度のルートから
テクニカルなルートまで
幅広く使えるバランスの良いアイスアックス。

非常に汎用性が高く
九州内で使用する場合から
県外に出かけて楽しまれる方にも
愛用される方の多いアックスです。

毎年「行こうかどうか」と悩む方や
今年は行こうかなと考えられている方への
入荷のお知らせでございます。

日頃使用機会が少ないだけに
こうした道具を使用したアクティビティは
事前にしっかりとした講習を受けたり
経験豊かな方に同行いただいたりして実施しましょう。

ONLINE STORE


メーカー説明文

『クォーク』は主にテクニカルマウンテニアリング、アイスクライミング用にデザインされた用途の広いアイスアックスです。優れたバランスと『アイス』ピックの組み合わせは氷への打ち込みに最適です。位置調節可能な『トリグレスト』、折りたたみ可能な『グリップレスト』により、状況に合わせた使い方が可能です。クーロワール、氷瀑、ミックス壁等、入門ルートからテクニカルなルートまで、様々な場面で高い汎用性を発揮します。


機能・特徴

  • 汎用性の高いアイスアックス
    • カーブしたシャフトと、シャフト下部のハンドレスト『グリップレスト クォーク』により、アイスクライミングで手を保護します
    • スチール製の石突とほどよいカーブ形状により、雪面への刺し込みが容易です
    • シャフトがハイドロフォーミング成形され、クーロワールの登攀等で握りやすくなっています
    • 2つの素材を採用し、オーバーモールド成型されたハンドルにより、断熱性と高いグリップ性を実現しています
    • 『トリグレスト クォーク』『グリップレスト クォーク』により、困難な場面で高いグリップ性を発揮します
    • 550 g: 『アッズ』もしくは『ハンマー』を併用した場合
  • 氷への効率的な打ち込み
    • ピックの先端を 3.3 mm まで薄くした『アイス』により、雪、氷、ミックスなどの多様な状況に対応します
    • アイスアックスの重量バランスを変えたり、より打ち込みやすくするための『ピックウェイト』に対応
  • 汎用性の高い構造
    • モジュール式ヘッドにより、ルートの性質や難度に合わせた調節が可能です
    • 対応:アクセサリー 『ピュアアイス』『ミニ マルトー』『ピックウェイト』
    • ハンドレスト『トリグレスト クォーク』は器具を使わずに位置調節が可能です
    • ハンドレスト『グリップレスト クォーク』は折り畳めるため、雪面への刺し込みが容易です
    • 紛失防止用伸縮性リーシュ『V リンク』の取り付けが可能なホール
    • 軽量: 465 g (アクセサリーを含まない場合)

SPEC

ピックタイプ:2
シャフトタイプ:2
認証: CE, UIAA
素材: アルミニウム、スチール、繊維強化プラスチック
『アイス』『グリップレスト クォーク』『トリグレスト クォーク』『ハンマー』もしくは『アッズ』が付属

シャフト長さ:50cm
重量550g




関連記事

  1. ホットサンドメーカーの定番とも言える商品

    Baw-Looのホットサンドメーカー

  2. Slow Meeting -ありのままの食と暮らし- 参加させていただきました

  3. THE NORTH FACE "Geoface Pouch"

    THE NORTH FACE “Geoface Pouch”

  4. SOTO "Fusion Trek"

    SOTO “Fusion Trek”

  5. TetonBros. "Women's Jenny Pant"

    TetonBros. “Women’s Jenny Pant”

  6. THE NORTH FACE "Lumbnical - S"

    THE NORTH FACE “Lumbnical – S”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。