夏の大崩山は日照時間は長いけれど、天候の変化や雨の増水に注意が必要

梅雨が明ければ夏。
夏のハイキングは日照時間も長く
行動時間の長い山を歩くのにも
比較的安心できる季節です。

宮崎県で人気の大崩山
行動時間の長い山の1つで
日照時間の長い夏では
下山前に暗くなってしまうかもという
心配が少し軽減する山の1つかもしれません。

僕の知人でもきまって夏に
岩峰の絶景と美しい清流に飛び込んで
楽しむ方が居ます。


夏の大崩山の魅力や注意

大崩山は麓に美しい祝子川が流れ
その川を渡渉する箇所があります。

慣れた方でも8時間程度かかることが多く
コースや休憩時間によっては
10時間以上山に居ることも。

宮崎県で登山やハイキングを
楽しみ始めた方の中では
憧れの山のひとつとして
「いつか行こう」と思っている方も
大変多い山のひとつ。

美しい沢を渡渉する箇所では
暑い夏では、登山靴を脱いで
川を歩いて渡るのも気持ちよく
下山時の渡渉では水に浸かって
旅の疲れを取るのも楽しいものです。

天候に恵まれれば
素晴らしい岩峰の絶景と
美しい清流を楽しめる素晴らしい場所です。

行動時間が長く、陽にあたる時間も
とても長いので、水分は多めに
2-3Lは持っていて間違いありません。


天候の変化や増水には非常に注意が必要

日照時間の長い夏は
行動時間にゆとりが持てて
安心できることも多いですが、
急な天候の変化が起こりやすいこともあります。

宮崎県北部には花崗岩質の場所が多く
大崩山界隈もその一つです。

大崩山はルート上に険しい岩を歩く箇所が多く
雨で湿った岩の上を歩くのは緊張しますし
危険度が増します。

またハシゴやロープが連続する箇所も多く
雨で濡れたハシゴやロープも
緊張が増したり危険度が増すので
天候には十分な注意が必要です。

また花崗岩の地形は雨による増水が早く
大崩山の麓を流れる祝子川も
雨天の増水が非常に早いことで知られています。

登りの時の渡渉では、簡単に渡れた川が
下山時の増水で渡れずに下山できないという
ケースも発生したことがある場所です。

こんなに美しい清流が、短時間で激流に変わってしまうことも少なくありません。

こんなに美しい清流が、短時間で激流に変わってしまうことも少なくありません。

 

急な天候の変化で、一気に雨が降ったりすることもある夏。
日照時間が長く行動時間にゆとりを持てる反面
天候の変化による状況の変化などにも注意して楽しみましょう。


夏の大崩山

季節問わず人気の大崩山ですが、
夏は渡渉も気持ちよく、
下山した後に冷たい川でクールダウン。
そんなのも楽しめる素敵な場所です。

その反面、
行動時間が長く水分を多めに持っておくこと。
天候の変化には十分に気を付けること。

など、注意点も多くあります。

また大崩山自体、
非常に道迷いも多く、危険個所も多い山の1つです。
初めて行かれる方は、季節問わず
ベテランの方に同行してもらいましょう。

僕も時間が取れれば
久しぶりにのんびりと
夏の大崩山にでも出かけようかなと思う
今日この頃でございます。

関連記事

  1. アウトドアの遊びとトレーニング

  2. MURREN BOOKS 創刊第1巻 「てくてく青空登山」

  3. 今日は海まで見渡せる晴天でございました

    海の人から教わった朝の遊び

  4. Bor Bag DarkDeepSea/Raven

    Klattermusen Baggi Bag / Bor Bag

  5. こうも暑いと谷で遊びたくなる症候群

  6. 本年の営業終了のお知らせとお礼

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。