双石山(ぼろいしやま) 宮崎市周辺の多くのハイカーに親しまれ沢山の方が身近に楽しむ山 宮崎県宮崎市

宮崎県宮崎市の南部に位置する双石山(ぼろいしやま)は、宮崎市や周辺でハイキングを楽しむ多くの方が必ずと言っていいほど登ったことのある山で、運動やトレーニングを目的にされている方、初心者の方、健康目的の方と多くの方が日常的に楽しまれている山です。

これから登山を始めたいという方が、身近な人に「どこに行けばいいか」と相談したときに、必ず候補に上がってくる山のひとつだと思います。


双石山(ぼろいしやま) 標高:509m

宮崎市に位置する双石山は「奇岩を楽しむ山」としても知られている。この山のひとつのシンボルとしてTOPの画像の針の耳神社というポインとがあります。

風化して独特な形状をしている

風化して独特な形状をしている

この独特な形状は風化してできたものでありますが、こうして岩の表面が風化によってぼろぼろと崩れていくことから「ぼろいしやま」という名がつけられたと言われています。

決して展望の開けた山とは言えませんが、様々な奇岩を楽しみながら歩き適度に起伏があることが歩いていても飽きさせず、たくさんの方に親しまれている要因のひとつだと言えます。


たくさんの登山ルートの存在する山

双石山は通常のルートでも岩と岩の間をすり抜けていくような箇所があり、非常に楽しく歩けるのですがその他にも「奥の院コース」「行者コース」などをはじめとして様々な登山コースが作られています。
それらのコースの中には健脚な方向けのきついコースなどもあるため、日頃から訪れている方々はその日の気分や目的によって歩くコースを変えたりすることができます。こうしたことも、この山が人気のポイントのひとつだと思います。

反面、それだけ無数にコースが作られていることから、道迷いが発生することもあり、実際に遭難事故がこれまでに発生したこともあります。標高が低く身近にある山だからと、軽い気持ちで歩いていれば迷ってしまうこともあるということを念頭においておきましょう。


展望所からの眺め

登山コース上に展望の良い箇所は決して多くありませんが、所々に点在する展望所からは宮崎市方面から海までの眺めが素晴らしく、日頃生活している場所を眺めることができます。

第二展望所からの風景

展望所からの風景

山頂は広くありませんが、展望所で休憩をすることもできますので昼食などは展望所で楽しまれるのがおすすめです。


グローブを持参されておくことをおすすめします

双石山では木の根やロープを使う箇所も多いため、グローブを持参して楽しまれるのが無難だと思います。
※滑りにくい手袋の利用をおすすめします


宮崎市から身近な山といえば双石山や国富町の釈迦ヶ岳をあげるかたが多いです。
近場といっても意外と楽しめる双石山。
日頃の運動もかねて是非楽しまれてください。

関連記事

  1. 袖ダキ展望所より望む大崩山の岩群 撮影:PORTAL 中野祥吾

    大崩山(おおくえやま) 九州最後の秘境とも呼ばれる迫力の岩峰を楽しむ大人気な宮崎県の名峰 宮崎県延岡市

  2. 石堂山(いしどうやま) 細い岩稜を歩いたりアップダウンがあったりと楽しめる米良三山の一座 宮崎県児湯郡西米良村

  3. 白鳥山(しらとりやま)と池めぐりコース 初心者の登山やハイキングにとてもおすすめ、手軽で絶景を楽しめるポイント 宮崎県えびの市

  4. 鹿川キャンプ場から眺める鉾岳

    鉾岳(ほこだけ) 大迫力の花崗岩の岩峰に登り展望を楽しめるクライミングでも有名なスポット 宮崎県延岡市

  5. 韓国岳から眺める新燃岳(手前)と高千穂峰(奥)

    高千穂峰(たかちほのみね) 高千穂河原ビジターセンターから登る秀麗で美しい山 宮崎県西諸県郡高原町

  6. 甑岳(こしきだけ) プリンの様な山容がユニークで素晴らしい展望を楽しめる霧島の山 宮崎県えびの市

  7. 比叡山(ひえいざん) クライミングも花の鑑賞も登山にも人気な延岡の美しい岩峰 宮崎県延岡市

  8. 祖母山(そぼさん) 一度は行くべき。大展望が楽しめる宮崎県の最高峰 宮崎県西臼杵郡

  9. 市房山(いちふさやま) 西米良側5合目からのハイキングは展望も良く初心者でも気持ちよく歩ける西米良の名峰 宮崎県児湯郡西米良村